Live Schedule
04 08 Sat

Y’s Artists Support Presents~Promotion Live at TheGlee~ Vol1

Y’s Artists Support登録アーティストの精鋭が二日間に渡りTheGleeに集結。ハイレベルで格調高い演奏をご堪能ください。

open/start
12:00/12:45
adv/Door
3,500円【飲食代別途/予約制/自由席】
artist
内田 絵夢(ソプラノ)、加藤 礼菜(ピアニスト)、杉丸 太一(ジャズピアニスト)、中川 彩(ピアニスト)、文 京華(ピアニスト)、松井 直輝(トランぺッター)、三原 有利加(ピアニスト)、諸岡 由美子(チェリスト)、米田 佳奈(ピアニスト)

☆Program

ショパン バラード第1番ト短調Op.23(ピアノ演奏)

カサド 親愛なる言葉(チェロ演奏)

グラナドス スペイン舞曲より第5番アンダルーサ(ピアノ演奏)  他

出演者演奏曲目・プロフィール

①内田 絵夢(ソプラノ)

昭和音楽大学卒業。ルーマニアコンスタンツァ国立歌劇場よりディプロマ取得。同歌劇にて歌劇「仮面舞踏会」オスカル役にてヨーロッパデビュー後、イタリアへ数回渡り、現地でのコンサートに多数出演。国内では東京を中心に、歌劇「魔笛」夜の女王役、歌劇「西部の娘」タイトルロール役などに出演、コンサートには毎年多数出演。12年にはニューヨークへ渡り、オペラやコンサートに多数出演。13年に公演された、歌劇「夕鶴」タイトルロール役を演じた際には地元紙に取り上げられ、好評をもらい再演が決まる。14年には南米チリに渡り、大使館や国際連合機関など、重要機関でコンサートに呼ばれる。16年に日本に帰国しているが、今後も更に、国内並び海外での活躍が期待される。

加藤 礼菜(ピアニスト)

東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。在学中成績優秀により学内奨学金を得る他、同大学短期留学奨学生として、奨学金を得て英国ギルドホール音楽院に留学。現在、東京音楽大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域ピアノ1年に在籍。彩の国埼玉ピアノコンクール銀賞、若い芽のコンサート最優秀賞及び若い芽大賞、ショパン国際ピアノコンクールin ASIAアジア大会奨励賞、日本演奏家コンクール第1位、及び全部門よりグランプリ受賞等、数々のコンクール受賞歴を持つ他、学内選抜演奏会、カワイ表参道パウゼでのジョイントリサイタル、成績上位者による卒業演奏会、埼玉新人演奏会等に出演。大学院に通う傍ら各地で積極的に演奏活動を行い好評を得ている。

③杉丸 太一(ジャズピアニスト)

四歳の時からピアノを始め、その頃よりモーツァルトやベートーヴェンに慣れ親しむ。中高時代は、陸上部の駅伝の選手としてトレーニングに明け暮れる一方で、ロックバンドでボーカルも担当。広島大学に進学後ジャズ研に入ったことから本格的にジャズピアノに取り組むこととなる。クラシックのマルタ・アルゲリッチ、ジャズのキース・ジャレットの影響を受け、独自のスタイルを追求。2016年10月にはニューヨークカーネギーホール公演の大成功を収める。音楽家としての永遠のテーマは「美しい音の表現」。

④中川 彩(ピアニスト)

北鎌倉女子学園中学校音楽コース、同高等学校音楽科、フェリス女学院大学音楽学部演奏学科卒業。在学中、ピアノソロだけでなく室内楽、伴奏法、ピアノデュオも学び、学内選抜による演奏会に多数出演。第26回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションD部門全国大会入選。第17回大阪国際音楽コンクール連弾部門最高位受賞。第35回及川音楽事務所新人オーディション優秀新人賞受賞。フェリス女学院大学非常勤副手として5年間勤務し、現在はピアノ講師、バレエピアニストを務めながらソロ、伴奏、アンサンブルなど様々なジャンルで演奏活動を行っている。2015年12月から遠藤夏季と“Piano Duo framboise“を組み、毎月自主コンサートも行っている。これまでに、ピアノを武谷和子、松本和代、久保浩、クリストフ・リースケ、菅野潤、室内楽を立神粧子、名倉淑子、堀由紀子の各氏に師事。

⑤文 京華(ピアニスト)

5歳よりピアノを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科卒業後渡独。ベルリン芸術大学卒業後、同大学院に進みドイツ国家演奏家資格を得て修了。庄司美知子、竹内啓子、村田理夏子、パスカル・ドヴァイヨンの各氏に師事。2013年5月帰国後から、ソロ、室内楽ともに演奏活動を本格化させる。各地でのリサイタルや音楽祭への出演をはじめ、協奏曲のソリスト、三又瑛子氏とのピアノデュオ「リブラ」としても活動。京都、仙台において後進の指導にも力を注いでいる。 全日本学生音楽コンクール小学校の部3位、クラシック音楽コンクール最高位、全東北ピアノコンクール第1位、KOBE国際音楽コンクール第1位ほか、様々な国際コンクールにて上位入賞。

⑥松井 直輝(トランぺッター)

12歳よりトランペットを始める。私立駒澤大学高等学校在学中、部内ソロコンテストにて金賞を受賞。現在東京音楽大学二年次在学中。ダ・カーポと栃木県総合文化センターにて共演。調布音楽祭オーディションに合格し、ウェルカムコンサートにZest Brassとして出演。また、第四回侍BRASSアンサンブルコンクールにて最優秀賞を受賞し、侍BRASSと東京オペラシティにて共演。二年次在学中にソロ・室内楽オーディションに合格し、合格者演奏会に出演。これまでにトランペットを佐藤岳史、古田俊博、津堅直弘、Andre Henry、栃本浩規、高橋敦の各氏に師事。クラシック、吹奏楽、ジャズ、ポップスなど様々なジャンルで活動中。

⑦三原 有利加(ピアニスト)

桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、ニューヨークへ渡米。 マネス音楽院大学全過程修了。 ルーマニアのトゥルグムレシュ文化宮殿にて、東日本大震災チャリティー・コンサートに日本代表ソリストとして出演、トゥルグムレシュ交響楽団と共演。 NYコンチェルトコンクールにて優勝しEpoch Times紙から好評を得る。第一位を受賞した、国際コンチェルトコンクール受賞者コンサートにて、カーネギーホールで演奏。中国政府サポート教育プログラムコンサートに招かれPolyシアターにて演奏。イタリアよりピアノソロCDをリリース。日本ではデビューCDリリースツアーを開催。高橋従子、ジェローム・ローズ氏に師事。ジュリアード音楽院、マネス音楽院の伴奏員を務める。カーネギーホール、Steinway Hall、リンカンセンター、日本大使館、中国のPoly シアター、ルーマニアのトゥルグムレシュ文化宮殿などのホールにて、日本国内外でも幅広く演奏活動中。

⑧諸岡 由美子(チェリスト)

ドイツカールスルーエ音楽大学・大学院、山形大学教育学部、ベルリン芸術大学で学び、ドイツ青少年オーケストラ、バルトーク合奏団のチェリストを経てドイツ国家演奏家資格を持つ。南西ドイツ学生コンクール2位、バッハコンクール3位。ローマヴァチカンにてハンガリーセゲト交響楽団とコンチェルトを共演しローマ法王に激励を受け。ヨーロッパ各地でコンサートや音楽祭に出演。2016年4月にはギリシャアテネにてデビュー。日本での活動は クラシックコンサート以外にオールジャンルに意欲的に参加している、また世界遺産那智熊野古道奉納演奏やDVDやTVなどにも出演。参加録音作品も数多く、映画、CM、ドラマ、アーティストアルバム他、ジブリアニメやディズニーアナと雪の女王エンディング、名探偵コナンエンディング、おくりびと、菊次郎の夏、等々数えきれない多くの作品を演奏している。

⑨米田 佳奈(ピアニスト)

東京音楽大学卒業。卒業演奏会出演。ジュニアピアノコンクール本選金賞受賞やJOC東北大会出演、テレビ出演。PIARAピアノコンクール浜松市長奨励賞受賞。TIAAクラシックコンサート奨励賞、演奏会出演。東京国際ピアノコンクール入選。“作編曲のできるピアニスト奏音kanade”として精力的に活動を展開中。毎年ファミリーコンサートを開催。昨年は詩人・和合亮一氏とのコラボレーションが好評を博した。月3回ほど介護施設や医療機関等でコンサートを行なっている。今年3月に福島復興支援コンサート出演。今年オリジナル曲のCDリリース予定。