Live Schedule
04 07 Fri

SAKURA~鎮花祭~

ピアノ渡邉美佳、ソプラノ佐藤静佳による和文化と日本音楽のユニット。日本のことば、日本の音楽を様々な日本文化とコラボレーションしていきたいという想いの元、意気投合しユニットを結成。毎回和文化のゲストを招き、コラボレーションを目指す。当コンサートは和華の第一回目のコラボレーションコンサートとなる。今回は夜桜と和の特別な装飾の中、心の薬と謳われる音楽で「日本の音楽」と「文化」の美しさを演出する。

open/start
18:30/19:30
adv/Door
3,500円【飲食代別途/先着順自由席/予約制】
artist
佐藤 静佳(ソプラノ)、渡邉 美佳(ピアノ)、佐々木 洋平(テノール・パーカッション)、山水 美樹(箏)

SAKURAクラシック × SAKURAポップス

☆プログラム☆

さくらさくら(武満徹)
さくら横丁
桜坂
桜色舞うころ
箏独奏による主題と六つの変奏「さくら」
映画「SAYURI」よりSayuri’s Them

☆プロフィール☆

佐藤静佳(ソプラノ)

福島県出身。幼少よりピアノ・合奏にてヴァイオリンで音楽に触れていたが、音楽教諭の勧めから歌を学び始める。 東京純心女子大学 芸術文化学科 音楽コース   声楽専攻卒業。在学中、東京純心女子大学後援会奨学生、東京純心女子大学学長賞受賞。 大学時合唱部の立ち上げに参加し9名で出場した全日本合唱コンクール全国大会にて銀賞受賞。中学・高校・大学と合唱を学んだことでアンサンブルを得意とし、ソプラノの声を楽器としDTMや楽器とのコラボレーション活動を行う。都内、地方コンサート、ライブ活動、企業パーティー演奏、舞台を中心に活動中。声楽を保多由子、北村さおりに師事。また、様々な日本の伝統文化と日本音楽を融合することで日本の音楽のステージを表現したいという想いから、着物師範・国際免許を取得。和服コンテストへの出場や着物モデル活動も行っている。HP:https://sopranoshii.amebaownd.com/

渡邉美佳(ピアノ
千葉葉県市原市出身。私立市原中央高校(芸術コース)入学。 全学年を対象 と したオーディション に 3 年間連続合格し、学校主催演奏会に出演。 東京音楽大学卒業。 ピティナピアノコンペティション優秀賞受賞。第 8 回べーテン音楽コンクールピアノ連弾部門全国 第 1 位。 サントリーホー ルにて受賞者演奏 会に出演。2015 年「日米親善公演桜まつり」にてソプラノひらやすかつこ氏のアンサ ンブル伴奏者として、米 NY カーネギーホールにて共演。2016 年国際交流企画とし、ブルガリア共和国の2つの都市にて着物を着てのソロコンサートを開催。満員御礼にて好 評を博す。現在ソロ、伴奏者として コンサート、イべント、企業パーティーのご依頼により(東 京アメリカンクラ ブ・横浜アートグレイス・東 京べイコート倶楽部・六本木ヒルズクラブ・グラ ンドハイアット)等、様々な場で活動中。 また、幼い頃から日本伝統文化にも興味を抱いており、 現在は小笠原家主催の「日本伝統文化継承者協会」による「GenuineJapan」にて、継承すべき古き良き日本の文化を直接お家元の方から学び つつ、日本伝統楽器であるお琴の稽古 にも励んでいる。

佐々木洋平(テノール・パーカッション)

福岡県出身。大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻打楽器に入学後、ベートーヴェン《第九》に出会い声楽転向を決意。翌年転専攻し、同短期大学音楽科声楽専攻を首席で卒業、および東京藝術大学音楽学部声楽専攻を卒業。また子供の情操教育の分野にも造詣は深く、乳幼児とそのお母さんのための【Concert for Mothers】を主宰。Cloud of Arts構成メンバー。銀座音楽ビヤプラザライオンレギュラーメンバー。アミーチカント会会員。第78回読売新人演奏会に出演。ソリストとしてヘンデル《メサイア》、ベートーヴェン《第九》ほか多数に参加。 オペラにおいては、モーツァルト《魔笛》、ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》、オッフェンバック《ホフマン物語》、ヴェルディ《椿姫》、プッチーニ《ラ・ボエーム》《トスカ》、R. シュトラウス《アラベラ》、ワーグナー《タンホイザー》などの主役を演唱。打楽器を関修一郎、福田隆、声楽を高見久美子、行天祥晃、中島基晴、多田羅迪夫、Z. Vnadersteene、M. Devia、古楽演奏を小林道夫の各氏に師事。 HP:yoheisasaki.com

山水美樹(箏)
東京都出身。
幼少よりピアノ、打楽器、箏、三絃、十七絃と幅広いジャンルの音楽に触れて育つ。平成19年度生田流正派准師範試験首席登第。(雅号:山水雅楓)東京藝術大学内にて稀音家浄観賞受賞、アカンサス音楽賞受賞。これまでに中島靖子、宮本幸子(雅都貴)、大久保雅礼、下平波留美(野沢雅世)の各氏に師事。東京藝術大学音楽部邦楽科生田流箏曲専攻を経て、同大学院修士課程卒業。
修士論文では「宮城道雄作曲《越天楽変奏曲》の研究-独奏箏演奏譜における一解釈の提案-」を執筆し、学位審査演奏会にて東京藝術大学内有志オーケストラと《越天楽変奏曲》を共演。生田流正派邦楽会師範。同声会、森の会、日本三曲協会、生田流協会、各会員。正派合奏団、邦楽器合奏のための和楽団「煌」団員。藝大同期の正住真智子と「KOTO×PIANO」を結成し、都内を中心に活動している。