Live Schedule
07 25 Tue

fine Classica & Crossover vol.4

若手の注目アーティストが集う、大好評のクラシックジョイントコンサートの第4弾。今から注目すべき要チェックのアーティストが一同に介します。

open/start
18:30/19:00
adv/Door
2,200円【1ドリンク代別途/予約制/自由席】
※お食事について、軽食類をキャッシュオンにてご購入頂けます。
http://theglee.jp/about/food-drink70/
artist
西野絢賀(Vln)&二宮佑己子(Pf)、葛巻理沙(Flt)&栗原悠希(Pf)、福本知里(Pf)、Maya'ず

プロフィール

1、Maya’ず

2017年に国立音楽大学を卒業した、打楽器専攻3人と声楽専攻2人で結成されたグループである。そのうちの渡邊まやが主となり活動中。渡邊まやは第22回 日本クラシック音楽コンクール全国大会 最高位、第18回KOBE国際音楽コンクールにて最優秀賞並びに兵庫県教育長賞等を受賞経歴を持つ。
このメンバーでは、クラシックのみならずジャンルを問わず活動中。

 

2、福本知里(Pf)

東京音楽大学ピアノ専攻、東京音楽大学大学院鍵盤楽器研究領域を経て、ウィーン国立音楽大学ポストグラデュエイト卒業。ディプロマ取得

第9回ノーヴイ国際音楽コンクール第1位
第19回ヤングアーチストピアノコンクール 銅賞(金賞無し)
第20回ヤングアーチストピアノコンクール 協奏曲部門銅賞(金賞無し)
第5回横浜国際音楽コンクール 審査員特別賞
第14回大阪国際音楽コンクール 入賞
2013年ウィーン国立音楽大学ディヒラーコンクール第2位(オーストリア)
2016年国際音楽コンクール’Salzburg’ Grand Prize Virtuoso第1位(オーストリア)
2016年第15回国際ウィーンピアニストコンクール第3位(オーストリア)
等の賞を受賞。

国内外で演奏会を重ねる。ソロの他、伴奏、室内楽の演奏、編曲、オペラ等の伴奏の活動中。

倉沢仁子 東京音楽大学准教授
長島圭太 東京音楽大学元教授
岡藤由希子 東京音楽大学講師
ヴォルフガング・ヴァッツィンガー ウィーン国立音楽大学ピアノ演奏科教授
トーマス・クロイツベルガー ウィーン国立音楽大学指揮科教授 の各氏に師事

 

3、葛巻理沙(Flt)&栗原悠希(Pf)

葛巻理沙(Flt)
2歳からピアノを始め、ヤマハ演奏研究コースなどで浅井潤子、江口文子、後藤康孝、牧野 縝、福山孝の各氏に師事。15歳の時に専攻をフルートに変え竹内梓、齊藤和志、室内楽を管井春恵、立川和男の各氏に師事し国立音楽大学を卒業。大阪国際音楽コンクールエスポアール賞、万里の長城国際音楽コンクール第三位など。現在はフルートとピアノの演奏活動と指導に携わっている。

栗原悠希(Pf)
桐朋女子高等学校を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。第13回日本演奏家コンクール第3位、第14回大阪国際音楽コンクール二台ピアノ部門第2位(最高位)。バークリー音楽大学サマーセミナー修了。
現在はクラシックのみならずポップス等の演奏、作編曲など音楽制作にも挑戦中。

 

4、二宮佑己子 (Vln)&二宮佑己子(Pf)

二宮佑己子(Pf)
ピアニスト、作曲家、編曲家。
桐朋学園大学、パリ地方音楽院卒業。スクリャービン国際コンクール第3位、大阪国際音楽コンクール第3位、イルドフランス国際コンクールオアナ特別賞等、数々の国内外のコンクールで受賞。キャップフェレ音楽杯では優秀な若手演奏家として選出され、複数の国際コンクールの予選免除に推薦される。現在は幅広いジャンルに渡って演奏活動を行なっている。

西野絢賀(Vln)
3歳よりヴァイオリンを始める。
11歳で鈴木メソード全過程終了。
名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業。
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。

第28回子供のためのヴァイオリンコンクール金賞。2009年JASTAストリングスセミナーにて代表に選ばれ演奏。2009年全日本学生コンクール名古屋大会本選出場。第12回.14回日本演奏家コンクール入選。第21回クラシック音楽コンクール全国大会入選。2013年スプリングヴァイオリンコンサート出演。セントジョージ国際音楽祭2013に参加、室内楽やソロの演奏を行う。

名古屋市立菊里音楽高校音楽科卒業。
東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。

これまでに松田節子、石田なをみ、森下陽子、海野義雄、沼田園子各師に師事。