Live Schedule
08 16 Wed

神楽坂怪奇譚「棲」

open/start
/14:30
adv/Door
前売・当日共通
全席自由 5,000円【税込、お飲物付き】
artist
羽佐間道夫、安藤麻吹
notes
チケットのご予約、問合せ先:kagurazaka.kkd@gmail.com
本公演のご予約はTheGLEEでは受け付けておりませんので、何卒ご了承ください。

会場そのもがまるで楽器と言われる「音」に卓越しこだわり抜いた

たった60席からなる贅沢な高音質音響空間 クラシックライブハウス the glee。

その上質すぎる空間に「声」という楽器を持った羽佐間道夫をはじめとする声優界のトップクラスが集う。

かの泉鏡花も愛した神楽坂。この街には何かが「棲んでいる」

新たな朗読劇のスタイル「藤沢朗読劇」を確立し、能楽・喜多流の理事にも就任した

新進気鋭の劇作家・藤沢文翁が泉鏡花という人物を軸に神楽坂の闇を怪しく描き出す。

神楽坂怪奇譚「棲」

尺八が奏でられるとき、あの世とこの世の境目がなくなる。

炸裂する「音」の洪水の狭間に 一体何をみるのか みてしまうのか・・・。

 

目撃しにいらしてくださいませ。

ヒンヤリ冷たい飲み物をご用意してお待ち申し上げております。

あなたの心臓の鼓動も 最早 楽器の一部です。

 

あらすじ

陽も沈みかかった黄昏時の神楽坂

眼病を患った男が一人 石段に腰を下ろし 夕涼みをしている

男の名前は 泉鏡花・・・

包帯に視界を遮られ 暗闇に取り残され

自分を置いてけぼりにした幇間を待っている

・・・と 何かが自分の前に立っている気配がする

・・・「ソレ」は こちらの様子を伺っている

「ソレ」は 闇の向こうに棲んでいた

鏡花は震える声で「ソレ」に話しかける・・・

決して話しかけてはならない「ソレ」に・・・

 

 

8/15 15:00 小野賢章×井上麻里奈 /20:00 羽佐間道夫×井上麻里奈

8/16 14:30 羽佐間道夫×安藤麻吹 /19:30 羽佐間道夫×朴璐美

8/17 14:30 関智一×佐古真弓 /19:30 羽佐間道夫×関智一

原作・脚本 藤沢文翁

演出 玊-TAMA-

照明 阿部将之(LICHT-ER)、若原靖

プロジェクションマッピング製作 ノアド株式会社、斎藤はるか

衣裳 西原梨恵

宣伝美術 山下浩介

Map製作 早川ジョージ

協力 ムーブマン、アトミックモンキー、シグマ・セブン、しまだプロジェクション、(株)円企画、新潮社、ラジオ日本、丸山園美、studio Cambria、

プロデューサー 朴璐美、廣川真菜美

企画・制作・問合せ 8:thron project

〒162-0851東京都新宿区弁天町178番地 大山ビル2階 株式会社Ammolite内

080-8841-8262(平日11:00〜16:00)

kagurazaka.kkd@gmail.com

藤沢文翁
劇作家・演出家・クリエイティブ ディレクター

東宝クリエプレミア音楽朗読劇VOICARION、Production I.G主催Theatrical-Live、そしてソニー・ミュージックエンタテインメント READING HIGHの原作・脚本・演出を担当し音楽朗読劇の第一人者と評されている。

 

尺八奏者・元永拓

三味線で知られる吉田兄弟の兄・吉田良一郎率いる和楽器バンド「WASABI」のメンバー。これまでに海外30ヶ国45都市で公演。古典本曲から多様な楽器やアートとコラボレーション、作曲など幅広く活動している。