Live Schedule
09 03 Sun

宮野下シリュウ ACOUSTIC MARIMBA DUO LIVE VOL.3

洗足学園音楽大学打楽器科、新旧首席卒業二人による鍵盤打楽器デュオ。共に世界・国内の様々なコンクールで優秀な成績を修めた実力派の二人がお届けするマリンバの世界は多岐のジャンルにわたり、絶えず聴衆を魅了し続ける。

open/start
12:00/13:00
adv/Door
a 3,500円(チケットのみ)
b,4,500円(ランチプレート付き)
【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。
※座席にて1オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
宮野下 シリュウ(マリンバ)、林 啓太(マリンバ)

プロフィール

マリンバ奏者 / 宮野下 シリュウ

5歳より、マリンバを始める。
洗足学園音楽大学・大学院打楽器科を共に首席で卒業。
2010年、現代音楽作曲家の田中利光氏が作曲した、ソロマリンバと打楽器アンサンブルのための『息吹き』のマリンバソリストに抜擢され、日本初演を果たす。
2012年、オーストリア・ザルツブルクで行われた最難関国際マリンバコンクールの第4回大会セミファイナリスト。
イタリア・フェルモで行われた第10回国際打楽器コンクール・国際マリンバ部門において2位受賞。
その他、様々な国内外におけるコンクールにおいて優秀な成績を修めている。
2014年、自身が主宰するパーカッション・パフォーマンス・デュオ “Calamus”(カラムス)が東京都ヘブンアーティストに認定され、都知事より賞を与えられる。
2015年、〝ハイレゾ音源データ〟マリンバソロアルバム【Aesthetics】をリリース。「 SONY 」「ONKYO」「VICTOR」の大手三社と契約し、全国配信が決定。絶賛好評発売中。
2014年よりthe GLEE神楽坂を中心にソロライブシリーズを展開し、様々なジャンルの音楽にマリンバを通して挑戦している。
2015年、ツアー始動。関東・四国・北陸公演において好評を博す。
同年、ヘブンアーティストを代表して読売新聞(都内全域版)コラムに掲載される。
また、地方公演の模様が各種メディアに取り上げられるなど、活動の幅を広げている。

マリンバ奏者/林 啓太

2005年、洗足学園音楽大学を首席で卒業。卒業演奏会に出演。2005年度の最優秀卒業生として日本で最も権威ある新人演奏会の一つ『読売新人演奏会』に大学代表として出演。第15回日本クラッシック音楽コンクールにて第2位(1位なし)受賞。第21回日本打楽器協会主催新人演奏会にて新人賞(最高位)受賞。2006年、Austria(Linz)で行われたInternational Marimba Competitionに於いてセミファイナリスト。2007年、「岡田知之打楽器合奏団」に推薦入団。2008年、東京都公認ヘブンアーティストに認定される。2010年、韓国で開催された第1回International Percussion Festivalに招待される。2011年、台湾で開催された第7回Taiwan International Percussion Conventionに招待される。2012年、シンバルメーカーの老舗Zildjianと契約し、エンドーサーになる。2013年・14年と2度トリニダード&トバゴに渡り、現地のバンド『Skiffle』のセクションリーダーとしてPanorama参加。これまでの主な共演者は、Vocalの井上あずみ、太田裕美、木村弓、白鳥英美子(トワエモア)、白鳥マイカ、庄野真代、平原綾香、本名陽子、二階堂和美、渡辺真知子、USA(EXILE)、現代Pianoの中川賢一、Saxの富岡和男、池上政人、平野公崇、打楽器のBrian Zator、Christopher Hardy、新谷祥子、和太鼓のヒダノ修一、Steelpan奏者のRay Holman、Tony Guppy、DJのLUU(CSH4)、NHK交響楽団団友オーケストラ等。

現在は、PAN NOTE MAGIC、MUSIC FOREST、岡田知之打楽器合奏団等で活動中。