Live Schedule
11 18 Sat

尾川詩帆 Birthday Live

尾川詩帆ソロライブシリーズ第4弾 !!遂に自身のバースデーライブを開催!初の試みに気合い十分、内容も盛り沢山!パーティー気分でお楽しみください!

open/start
18:00/18:30
adv/Door
一般 ¥4,000 学生 ¥3,500【1ソフトドリンク付 / 70席限定 / 完全予約制】
artist
尾川詩帆(Vocal)、柳川瑞季(Piano)、桑田佳奈(Violin)、濵口大弥(Drums)

尾川詩帆BD.ライブinfo

尾川詩帆ソロライブシリーズ第4弾!
今回は自身の誕生日を祝うべく、「叶えたかったこと」を叶えていきます。
そんなオススメポイントとは…?

その1 オリジナル

小学生以来初めての作詞作曲に挑戦。柳川瑞季氏に指導を受けつつ、この度初披露致します。

また、カバー曲のアレンジにもチャレンジし、尾川詩帆ワールドを繰り広げます。

その2 共演者たち

心強いサポートをして頂くのは、学生時代の仲間たち。
ヴァイオリン・桑田佳奈、ドラム・濵口大弥は学年は違うものの、ヴォーカルユニット「ffake」として共に活動してきた仲間たち、ピアノ・柳川瑞季は尾川詩帆ソロライブシリーズではお馴染みの同級生。

そして今回、念願叶ってのゲストとして、ジャズシンガーとして大活躍の牧野竜太郎さんをお招きします

今までの尾川詩帆ソロライブシリーズとは違った、新しい風を入れてくださること間違いなし!
この歌声を是非とも聞きにいらしてください。
一目で虜になることでしょう。

その3 バースデーなのは…?

なんと、尾川詩帆バースデー(11/18 当日)ライブと銘打ってはいるものの、偶然、柳川瑞季さん以外全員11月生まれ。
ゲストの牧野さんにいたっては、翌日(11/19)が誕生日という、バースデーなメンバーと共にお届けします。

プロフィール
Vo.尾川詩帆

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
劇団四季ミュージカル「ウェストサイド物語」マリア役、オペレッタ「メリー・ウィドウ」ヴァランシェンヌ役ほか、朗読劇「石棺 チェルノブイリの黙示録」、「ボイラーマンの妻」、「燃えるスタアのバラッド」、舞台「夜への長い旅路」、「岡幸二郎ベスト・オブ・ミュージカル」シリーズに出演。
現在は、コーラスグループ『アンサンブル・コノハ』(ユーキャンよりCD発売中)のメンバーとしてコンサート、レコーディングに参加。
BS-TBS「日本名曲アルバム」に杜の音シンガーズ、ドリーム・シンガーズとして出演中。

Pf.柳川瑞季

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学大学院音楽研究科音楽文化学ソルフェージュ研究分野(ピアノ)修了。
第22回かながわ音楽コンクール ユースピアノ部門 神奈川新聞社社長賞(準大賞)、コンチェルト賞。同年、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と協奏曲で共演。
第2回洗足現代音楽作曲コンクールA部門(オーケストラ曲)第1位、併せて洗足賞(聴衆賞)受賞。
これまでに作曲を久行敏彦、佐藤眞の各氏に、ソルフェージュを照屋正樹、テシュネ・ローランの各氏に、ピアノを佐藤俊、青柳晋の各氏に師事。
作編曲活動は合唱曲や室内楽作品など多様であり、ジャンルもクラシックやミュージカル、ジャズなど多岐に渡る。またピアノ演奏においても、ソロ活動のみならず伴奏ピアニストとしても活動している。
現在、洗足学園音楽大学、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師。

Vl.桑田佳奈

大阪市出身。3歳よりヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。
卒業後3年間、東京藝術大学音楽学部指揮科教育研究助手を務めた。
第9回日本演奏家コンクール奨励賞受賞。
第8回大阪国際コンクール入選。
第4回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞受賞。
Bunkamura25周年記念舞台「ジュリエット通り」にてヴァイオリンの演技指導、劇中演奏を担当。
日米文化交流のコンサートでNYカーネギーホールにて演奏。
現在は関西と東京を中心にクラシックやポップス、ミュージカル、宝塚など幅広いジャンルで活動している。
これまでにヴァイオリンを青砥華、辻久子、故・若林暢、澤和樹、山崎貴子、小川有紀子の各氏に師事。
室内楽を玉井菜採、野口千代光、松原勝也、安藤裕子、河野文昭、花崎薫、東誠三の各氏に師事。

drums.濵口大弥

香川県出身。12歳より打楽器を始める。
高松第一高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
アンサンブルユニット「阿修羅少女-ASURA GIRL-」、ヴォーカルユニット
「ffake」ドラム担当。打楽器アンサンブルカルテット「NaNoHaNa」メンバー。サラ・ブライトマン、IL DIVOジャパンツアーを始め、多くの著名人のバックバンドに参加。全国のプロオーケストラ、プロ吹奏楽団にもエキストラ出演している。
演奏家としての活動以外に、小・中・高・大学・社会人を対象にした吹奏楽部での演奏指導や指揮も担当するなど活躍の場を広げる一方、作曲やアレンジにも力を注いでおり、2015年のルクセンブルグ国際打楽器コンクールでは作品が自由曲として演奏され好評を博した。中高生向けのコンテスト曲も多数発表しており、毎年多くの団体に演奏されている。作曲作品及びCDは、ウィンズ・スコアより発売中。
これまでに打楽器を石内聡明、菅原淳、松倉利之、小松玲子、何森博子、森ゆき子、藤本隆文、杉本智恵子の各氏に師事。室内楽を藤本隆文氏に師事。

公式ホームページhttp://daiya1122.wix.com/daiya1

 

Guest 牧野竜太郎

1979年11月19日鎌倉生まれ。15歳で渡米。アメリカ・カナダで高校生活を終える。卒業とともに幼い頃から身近にあった音楽に目覚め、大学時はニューヨークにて音楽を専攻。 2002年に帰国し、歌の勉強を本格的始めると共にライブ活動を開始。そして、2008年7月に初のフルアルバム”R.M”をリリース。多くのメディアに取り上げられる。 2012年9月5日にはセカンドアルバム”kind of love”発売。同年秋に念願のニューヨーク凱旋公演を行い大成功に終わる。2013年10月本人を中心に、鎌倉市の鎌倉宮にて初の“鎌倉じゃず祭”が開催され1000人以上の動員で大成功をおさめる。2014年イギリスの情報誌Monocleのイベントとともに初のヨーロッパツアーを果たす。 関東を中心に全国のライブハウス・コンサート・イベントに精力的に活動中。歌う事の傍らFMヨコハマにて半年間“女子ジャズRadio”という番組も担当。2015年にはマクドナルドの新CMにモデルとして採用。2016年11月からはみずほFGのCMソングを担当。他多数のCMソングにて歌声が採用される。ジャンルにとどまらない活動とライブパフォーマンスは幅広い層から支持を得ている。2017年6月21日に3rdアルバム、”THE DOOR”発売!!