Live Schedule
02 26 Thu

Los Reflejos del Alma vol.10 魂のきらめき

open/start
18:30/19:30(飲食代別途)
adv/Door
前売 4.000円 (ご飲食代別)
当日 4.500円
artist
Sayaca(vo)、青木 菜穂子(pf)、北村 聡(bn)、田中 伸司(cb)、鬼怒 無月(gt)
notes
Total 2stages
入れ替えなし/Ticket valid for 2 stages

☆Sayaca (vo)

東京都出身。上智大学卒業。幼児期より海外で育つ。日、英、西のトリリンガル。’96年より歌手活動を始める。アストロリコ、小松真知子&タンゴクリスタル等のライヴ、コンサートに参加した後、‘02〜’08年ブエノスアイレスに在住。ピアソラ元夫人アメリタ・バルタール、パトリシア・アンドラーデ、リディア・ボルダ等に師事。 ‘06年初のソロアルバム ‘Cada vez que me recuerdes’ (私を思い出してくれる度に)を、ディエゴ・スキーシー(pf)、カルロス・コラーレス(bn)等と共に現地録音、発表、アルゼンチン大手レコード会社と契約。デビューから現在に至るまで、南米での様々なタンゴフェスティバルや国際音楽祭に出演。帰国後は、企業向け英語・異文化研修の講師業を兼ねながら、独自のペースで音楽活動を続けている。

☆北村聡 (bn)

奈良県出身。関西大学在学中にバンドネオンに出会い、小松亮太に師事。アルゼンチンでフリオ・パネのレッスンを受ける。またオルケスタ・エスクエラ・デル・タンゴで学び、「エスキーナ・デ・カルロス・ガルデル」に出演。03年レオポルド・フェデリコの日本ツアーに参加。07年チリのバルパライソで行われた世界タンゴサミットに、またミゲル・バルベーロ・セステートのメンバーとしてモントリオールタンゴフェスティバルに出演。08年小松亮太の「若き民衆」公演ではピアソラの「プンタ・デル・エステ組曲」のソリストを務めた。10年オルケスタ アウロラでブエノスアイレス、モンテビデオのフェスティバルに出演、好評を得る。これまでに、鈴木理恵子、須川展也、鈴木大介、大萩康司、菊地成孔、川井郁子、夏木マリ、エゴ・ラッピン、中島ノブユキ、カルロス・アギーレ、ビクトル・ラバジェン・オルケスタ、仙台フィル、いずみシンフォニエッタ大阪等と共演、NHK「龍馬伝」、「カーネーション」はじめ様々なレコーディングに参加。現在オルケスタ・アウロラ、クアトロシエントス、小松亮太&オルケスタティピカ、オルケスタ ティピカ パンパ、中島ノブユキ・エテパルマアンサンブル等で活動中。

☆青木菜穂子 (pf)

東京都出身。武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業後アルゼンチンに渡り、ニコラス・レデスマに師事。2年間現地の市立楽団「オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ」のピアニストとしてTVやRADIOをはじめ数々の場で演奏。帰国後自己のグループを率いて活動しその後も毎年渡亜。ブエノスアイレス国際フェスティバルやチリのバルパライソで行われた世界タンゴサミット、またアメリカオレゴン州のバレンタンゴフェスティバルにジョーパワーズグループで参加等様々な国際音楽祭に出演。自己作品は『ティエラ・ケリーダ』(05)、『ミ・レフーヒオ』(06)を現地ミュージシャンと録音、BishopRecordsより発表。2009年Vn会田桃子と共にオルケスタ・アウロラ結成し現在2枚のアルバムをLatinaよりリリース。2009~2011アメリカ・フランス・アルゼンチン・ウルグアイ・カナダ等で公演、力強さと繊細さを併せ持つ鍵盤で定評を得ている。
http://celeste.coplan.jp/

☆ 田中伸司 (cb)

高校時代にバンド活動を始めエレキベースを担当するも、卒業時にコントラバス奏者/中博昭氏に出会ってその奥深さに触れ転向、同氏に師事し国立音楽大学を卒業。1982年より室内楽などを中心に演奏活動を開始。「海野義雄と東京ヴィルトゥオーゾ」の演奏旅行に参加し研鑽を積む。他に弦楽五重奏「シュテルン・クインテット」の結成に参加。また1990年以降は主にスタジオ・ミュージシャンとして活動し、枚挙にいとまがない程の歌手/アーティストのレコーディング/コンサート・サポートやCM、TV、映画等の音楽制作に参加してきた。
一方、1991年にアルゼンチン・タンゴ界の重鎮、志賀清氏(Vn)・藤沢嵐子氏(Vo)の演奏に感銘を受け深く傾倒。1992年・94年と渡亜し、聖地ブエノスアイレスにてタンゴ・ベースの名手H.カバルコス氏より薫陶を受ける。1998年には「志賀清とオルケスタ・ティピカ東京」で日亜修好百周年のコンサート・ツアーに出演。2001年には京谷弘司クァルテートでグラナダ国際タンゴフェスティバルに出演。JTアートホールでの「徳永二男の魅せるタンゴ」には毎回出演。また他に小松真知子氏、喜多直毅氏、レオナルド・ブラボ氏など数々のユニットに参加、鈴木理恵子氏、篠崎史紀氏らと共演など。2009年より小松亮太氏の各ユニットにも参加し、更なるタンゴの奥義を追求中。

☆ 鬼怒無月 (gt)

’64年神奈川県出身。’90年に自己のグループ、ボンテージフルーツを結成、’94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに6枚のアルバムを発表。ボンテージフルーツは’98年”ScandinavianProfgressiveRockFestival”、’99年にはサンフランシスコの”Prog Fest ’99″に招かれるなど海外での活動も盛んである。近年は4枚目のアルバム「Agua de Beber~おいしい水~」をスペースシャワーネットワークよりリリースしたクラッシックギタリスト鈴木大介氏のユニットTへDuo、アストル・ピアソラの最後のキンテートのピアニスト、バブロ・シーグレル氏の日本バンド等でも活躍する等、他ジャンルにわたるミュージシャンとのコラボレーションも多数。