Live Schedule
02 04 Sun

大至のソングカフェ vol.7 『相撲甚句で新年会』

健やかな新年を迎えられたことと思います。今年の一発目は『相撲甚句で新年会』。一部を甚句で綴り、二部は歌でお楽しみください。ワイドショーにてしゃべりっぱなしの昨年後半から、今年は、甚句にも歌にも。力を込めます。今年も宜しくお願いします。

open/start
18:00/19:00
adv/Door
3,800円【1ドリンク付き / ご飲食代別 / 完全予約制】
❈1ドリンク+別途1オーダーをお願いしております。
artist
大至(歌・甚句)、齋藤純一(ギター)、土屋雄作(ヴァイオリン)、宮坂薫(和太鼓・パーカッション)
notes
※席数の増席に伴い、当日のご飲食提供方法が変更なり、軽食のみのご提供となりました。お客様のご理解とご協力のほど、何卒お願い申し上げます。

◇大至(だいし)

元・幕内力士
現役中より相撲甚句の歌い手として、地方巡業、催事等で披露
各力士の引退断髪興行では力士の生い立ちをオリジナル歌詞に乗せ土俵上で披露
(主な力士は、貴乃花、若乃花、寺尾、舞の海、武双山、雅山他多数力士)
現在は芝居、ミュージカル、テレビドラマ等でも活動の他、力士時代の経験を元にした講演活動等
自身の作るちゃんこ鍋と歌のちゃんこらいぶは大人気。

◇齋藤純一 (さいとうじゅんいち)ギター・作編曲

1983年8月4日生まれ 千葉県出身
23歳でギブソン・ジャズギターコンテストで特別賞を受賞後、ソロ・ギタリストとしての活動を始める。
2009年、世界的ギタリスト Lee Ritenour(リーリトナー)と共演。
2011年3月ファースト・アルバム『A Thousand Leaves』をWangan Music Recordsからリリース。
ジャズを ベースにしたギター作品ながらも、ジャズの範疇に収まらないポップでキャッチーなメロディ・センスが評判を呼ぶ
(『アコギやフルアコを使った味わい 深いメロディーを聴くことができ、
優れたメロディーメーカーとしての才も注目』※ギターマガジン2011年7月号から)。
2014年4月BEAMSとLD&KレーベルのコラボレーションCD ENJOY HOME MAKING ゆる家事 MUSIC&BOOKCompilationにギター、アレンジにて参加。
2014年9月東宝主催の新感覚音楽朗読劇サウンドシアター”eclipse(エクリプス)”に出演し好評を博す。
舞台音楽を担当した土屋雄作(音楽監督 バイオリン)小湊昭尚(尺八、オークラウロ)美鵬直三郎(太鼓、鳴り物)と共にポスト邦楽BAND ALIAKEを結成。2015年2月渋谷JZBratより始動。
アーティストのライブサポート、レコーディング、テレビ、ラジオの公開ライブ収録、カバーアルバムのアレンジ&プロデュース、楽曲提供など都内を中心に幅広い演奏活動を展開中。

Home

◇土屋雄作(つちやゆうさく) サウンドクリエイター/ヴァイオリニスト

1982年9月29日東京生まれ。幼少期は日本の伝統芸能である能の子方として活動し、6歳よりヴァイオリンの師事を受け始める。SIBERIAN NEWSPAPERやCasanova Stringsなど、数々のバンド活動を経て、現在はその多彩な音楽性を活かし、新感覚・音楽朗読劇SOUND THEATREをはじめ、映像や舞台、TVアニメなどの音楽を次々に手がける。2014年には尺八、太鼓奏者等と共にALIAKEを結成、Nu-folkを掲げクールな和サウンドの一端を担う。管弦楽からミニマルな電子音楽、民族音楽、ヘヴィメタルまで、自身の傾倒は尽きない。

HP… http://www.yusaku-tsuchiya.net

◇宮坂薫(みやさかかおる) 和太鼓・パーカッション

葛飾区出身
大伯父が和太鼓の創始者御諏訪太鼓宗家 小口大八
父が葛飾諏訪太鼓打頭 宮坂和彦
母が日本舞踊林流名取 林美枝
幼少の頃より和太鼓にふれ、数々の舞台を経験

主な活動
中国公演、メキシコ公園
NHK大河ドラマ 「風林火山」楽曲提供
Zero1MAX 奉納プロレス …etc