Live Schedule
04 17 Tue

宵待小町が奏造する世界
~日本の名曲からオリジナルまで~

日本人の自分たちでしか出来ない表現で演奏して行くことを念頭に活動しているフルート四重奏団『宵待小町』が追及するフルートアンサンブルの新しい響きをぜひ、お楽しみ下さい。

open/start
18:00/19:00
adv/Door
3,000円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。
※座席にて1オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
齋藤寛(フルート)、佐藤梢(フルート)、上原麻衣(フルート)、杉原夏海(フルート)

『宵待小町』
2014年結成の宵待小町は、着物を演奏の正装としています。日本の土壌で育った日本のフルートを、日本人の自分たちでしかできない表現で演奏していくことを念頭に、全国で活動するフルート4重奏団です。
なじみのフルートの他、アルトフルート、バスフルート、など珍しい楽器を用いて奏でられるレパートリーは幅広く、クラッシック楽曲はもとより、演歌・歌謡曲の編集、楽曲創作、現代音楽、ゲーム音楽に至るまで、フルートアンサンブルの新しい響きを追及しています。

(個人プロフィール)

・齋藤寛
宮城県仙台市出身。10歳よりフルートを始める。東京芸術大学卒業。第4回日本クラシック音楽コンクール、特別賞受賞。 第51回日本学生音楽コンクール東京大会、奨励賞受賞。2013年大友良英率いる「あまちゃんスペシャルビッグバンド」に参加。連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニング、劇伴録音、全国ツアー参加、及び紅白歌合戦に出場。2016年、NHK「とっとテレビ」劇伴録音、ミュージシャン役としてドラマにも出演。2011-2014年ザルツブルグモーツァルテウム音楽院にてインターナショナルゾンマーアカデミー受講。フルートをP.L.グラーフ氏に師事。京都フランスアカデミーおよびパリにて室内楽をクリスチャン・イヴァルディ氏に師事。

・佐藤梢
洗足学園音楽大学音楽学部卒業。フルートを岩花秀文、大友太郎、倉田優の各氏に師事。第48回 西日本出身新人紹介演奏会 審査員特別奨励賞。
第14回 日本クラシック音楽コンクール全国大会一般の部 第3位(1位2位なし)2006年に初リサイタルを3箇所にて開催。総来場者数1000人を超え、好評を博す。
現在までに、アルバム「Grand Quartet」と「碧い月の神話」2枚をリリース。また、TVCMなどのレコーディングにも多数参加。その他、学校の吹奏楽部の全国大会出場やコンクール最高位受賞者を輩出するなど、後進の育成にも力を注ぐ。

・上原麻衣
常総学院高等学校、立命館大学卒業。13歳でフルートを始め14歳の時、ソロコンテスト茨城にて1位を受賞。及び受賞者によるガラコンサートで常総学院高等学校吹奏楽部と共演後、同校に特待生として入学。
高校在学中に二度の全日本吹奏楽コンクール全国大会と三年連続全国大会金賞受賞記念演奏会への出場を果たす。
立命館大学在学中、ヴァイオリニストの千住真理子氏と共演。また阪哲朗氏の指揮にてオーケストラで演奏をする。
これまでにフルートを飯嶋豊、荒川洋、細川順三の各氏に、ピッコロを菅原潤氏に、室内楽をスタン・ジャック氏の各氏に師事。

・杉原夏海
東京藝術大学音楽学部卒業。第61回全日本学生音楽コンクール高校生の部 大阪大会 第1位、同全国大会入選。第13回びわ湖国際フルートコンクールアドヴァンス部門 第2位。
これまでにセントラル愛知交響楽団と共演。またクルーズ客船『にっぽん丸』での共演をきっかけにピアニスト平尾有衣と「デュオ・リアン」を結成。そして活動7年目となる木管6重奏団「Ensemble Pastel」としての活動など、室内楽の分野においても勢力的に活動中。その他スタジオワークをはじめ、ジャンルを問わず幅広く演奏活動を展開。
MissWorldJapan2017ファイナリスト及び「ミス・日本伝統文化」受賞。ふるさと鯖江文化大使、ふくいブランド大使もつとめる。