Live Schedule
07 28 Sat

清野百香 永田ジョージ Duo

毎回満員御礼のThe GLEEでの清野百香ライブ。7回目の今回は国境を越えて活躍中永田ジョージとのDuo。好評いただいている、オリジナル新曲や、映画音楽、夏の歌、Brazilian、Pop、Jazzetc..盛りだくさんの内容でお届けします。2018年の夏の思い出の1ページになるスペシャルな内容です。お見逃しなく!!

open/start
12:00/13:00
adv/Door
3,300円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
artist
清野 百香(Vn & Vo)、永田 ジョージ(Pf)

清野百香
北海道出身。ヴァイオリニスト、ヴォーカリスト。東京音楽大学ヴァイオリン専攻を卒業。バイオリンを吉井真琴氏、富岡雅美氏、木野雅之氏、久保陽子氏各氏に師事。在学中よりオジナル曲でのライブ活動を開始し、これまで北海道各地のイメージソング、CMソングなどを作詞・作曲。歌い奏でるスタイルで、クラシック、ジャズ、ポップス、オリジナルなどジャンルにとらわれない演奏を届けている。2012年第3代網走市観光大使、2013年幌加内そばの里大使に就任。2015年政府広報プログラムで渡米、カリフォルニア州、アリゾナ州にて演奏を行う。
momokaseino.com

永田ジョージ
1976年フロリダ州で生まれ、日本・英国・米国の三カ国で過ごし18歳で帰国。クラシックピアノを4歳から始め、大学からジャズピアニストとしての演奏活動を開始。数多くのミュージシャンに影響を受け、敬愛するオスカー・ピーターソンおよびベニー・グリーンに倣い、心地よいグルーヴ感とリリカルなフレージングをモットーとするようになる。
2005年、米国カリフォルニア州サンディエゴに2年間留学し、現地で唯一の日本人ピアニストとして活躍。真っ青な青空の下、澄み渡る海でのサーフィンを通じて、音を自然のエネルギーとして表現する。
2007年、日本に帰国し東京での演奏活動を再開。自身のパフォーマンス・プロジェクト”Groove、Pockets”を活動の核として、ジャズ、ボサノバ、ポップス、ライブペイントと多ジャンルに渡るアーティストとのパフォーマンスを重ねる。2012年6月に独立。独自の切り口でのジャズ&ブラジリアンをベースとしたアルバムをリリースしつつ、ライブペインティング、華道、演劇、舞踊等音楽以外の表現者とも積極的にコラボレーションを行う。
2016年11月、インストバンド「いちむじん」のピアニストとしてキングレコードから40歳のメジャーデビュー。2017年には3枚のアルバムを連続リリース- ジャズトリオTriple Standardより”Metamorphosis”、原かのことのボサノバのデュオ”Love,Jobim”、そして比類のない表現力を持つ伊藤大輔・西部里菜とのボーカルアルバム「歌のある日」。
独立して5年、近頃はアメリカに加えてスイス、デンマーク、フランス、マレーシア、インドネシアを旅し、世界各国で観たノスタルジックな風景、波乗りを通じて感じる自然の心地よさを音に取り入れつつある。

http://grooovepockets.com