Live Schedule
12 04 Tue

田中真由美 年末スペシャルコンサート2018
~美しきリュートとの出逢い~

“ウィンディ・ヴォイス”(繊細な癒し系のヴォーカル)が魅力のジャズシンガー田中真由美とリュートの世界的名手、高本一郎初共演。ベット・ミドラーの名曲「The Rose」他、ジャンル、時代を超えたプログラムで極上の癒しのひと時をお楽しみ下さい。

open/start
18:30/19:30
adv/Door
予約5,000円 
当日5,500円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。
※座席にて2オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
田中 真由美(Vo)、高本 一郎(lute)、宮野 裕司(alto sax)、山田 あずさ(vibraphone)

○プロフィール

田中真由美(JAZZヴォーカリスト/英語発音スペシャリスト)
“ウィンディ・ヴォイス”(繊細な癒し系のヴォーカル)と美しい英語発音の持ち主として、ライブやイベント、フェスティバル出演など幅広く活躍中。
アメリカ留学中にジャズに目覚め、2011年よりライブ活動を開始。デビュー作品は、スーパー・ジャズ・ストリングス(弦楽四重奏)を中心とする編成で、旧き良き時代のアメリカン・ポピュラーソングを歌うCD/LPレコード『Mayumi Tanaka Sings American Popular Songs』(シングス・アメリカン・ポピュラーソングス)。 2016年、11名のオーケストラ編成でスタンダード曲を歌うCD/LPレコード『Cool Swing』(クール・スウィング)、2017年には初の日本語オリジナル曲を中心とするアルバム『DESERT ROSE』(デザート・ローズ)リリース。
Facebook: https://www.facebook.com/tanakamayumi.jazz/
Blog: https://ameblo.jp/tanakamayumi/
公式ファンクラブ: http://tanakamayumi.com/fanclub.html

高本一郎(リュート&アーリーギター奏者)
相愛大学音楽学部を卒業後、フランス国立ストラスブール音楽院でリュートを学ぶ。国内外の著名な音楽家との共演をはじめヨーロッパ、アジア諸国での公演多数。‘08年ルーヴル美術館にてソロ公演を開催。フランスおよび国内のTV,ラジオ出演、オペラ、バレエ、パントマイム、能狂言、歌舞伎(市川海老蔵公演)、演劇、落語、講談、朗読の舞台に参加。国内外の音楽祭、オーケストラにも数多く招聘される。映画音楽、CM音楽や航空会社の機内音楽制作、ポップスなどのCD録音に楽曲提供&演奏で参加するなど多彩な活動を展開。リュートの新しい魅力を引き出すべく作曲活動にも専心。これまでに4枚のアルバムをリリースし、フランス&英国のラジオ番組に取り上げられるなど国内外で高評を得る。大阪音楽大学付属音楽院講師。「読売ギターコンクール」銀賞受賞。
『リュートの時間』http://ichiroluth.exblog.jp/

山田あずさ(鍵盤打楽器奏者)
北海道富良野出身
桐朋学園大学音楽学部カレッジデュプロマコースにてマリンバを専攻、世界的なマリンバ奏者である安倍圭子、浜まゆみの両氏に師事。在学中の2011年にコンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。
卒業後、WUJA BIN BIN、渋さ知らズ オーケストラなどに加入、自身のバンド MoMo、ATLAS、nouon、QUOLOFUNEで作曲も手掛け、2015年nouonファーストアルバム『KUU』、2016年オノ セイゲン氏の録音により『Azusa Yamada and Pearl Alexander at Sakaiki 2015』『Shinkai 2016』『皐月 2017』など3作品をリリース。
海外大型フェスティバルの出演や楽曲制作・録音、近年では、ダモ鈴木(CAN)、舞踏家 蝉丸(山海塾)との共演。また、星野源やタクシー・サウダージ、高木正勝などボーカリストのステージサポートも行い、活動の幅は多岐に渡る。不定期で開催しているワークショップでは、楽器づくり・音楽体験など親子で楽しめる内容に好評を博す。
これまでに、イギリス Glastonbury Festival、スペイン SAN SEBASTIAN JAZZALDIA、ポルトガル FNN SINES、フランス LA ROQUE D’ANTHERON FESTIVAL DE PIANOなど伝統ある海外フェスティバルに出演、国内では六本木アートナイト、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン、神奈川国際芸術フェスティバルなどに出演している。
http://c-ritmo.com/

宮野裕司(アルトサキソフォーン)
1948年岡山市生まれ。中学校のブラスバンドでサキソフォーンを始める。大学在学中に演奏活動を始め、金丸正城(vo) 中村善郎(vo.gt) 光井靖(gt) 山口和与(b) 各氏のライヴ演奏、CD制作に参加。
1997年 Febian Reza Pane(pf) とのデュオアルバム「Plantar」を発表。
2003年 小太刀のばら(pf) とのデュオアルバム「散文歌」
2009年 「ARTISTRY OF YUSHI MIYANO」
2011年 「ALTO TALKS」
2015年 「ALTO TALKS with STRING SEXTET」
2017年 岩崎佳子アルバム 「BACH’S GROOVE」
2018年 平田王子アルバム「旅の途中」
現在、自己のクァルテット・中牟礼貞則(gt) 吉野弘志(bs)池長一美(ds) の他、岩崎佳子グループ、土生tico剛stp、石井怔行gt「豆大福」、松尾明「TAKE TEN」、二村希一(pf)5、小林洋(pf)「室内バンド」、「1001合奏団」、小太刀のばらsession 等で活動中。