Live Schedule
10 21 Sun

宮本美季 x 宮本貴奈 sp. guest 伊藤大輔
M’s Night~Autumn in Kagurazaka~

open/start
18:15/19:00
adv/Door
予約4,500円
当日5,000円【ドリンク代別途/予約制/先着順自由席】
※軽食メニューのご提供となります。
※入場時にチケット代+ドリンク代800円を頂戴しております。
artist
宮本美季(Vo)、宮本 貴奈(Pf)、伊藤大輔(Vo)

【プロフィール】

宮本美季(Vo)/ Miki Miyamoto
バークリー音楽院でR&B、POPS、JAZZなど幅広いジャンルを学び、卒業後はニューヨーク、ボストンで音楽活動を続けキャリアを積む。
帰国後音楽活動を続けるなか、2016年初出場したテレビ東京系の人気番組『THE カラオケ☆バトル』で立て続けに優勝し注目を浴びる。
ついには“2016年年間チャンピオン”の座も獲得!前人未到の出演回予選・決勝100点4連発を叩き出し、今年1月見事連続優勝を達成!3月に放送された年二回のTOP7入れ替え戦になる“春のグランプリ4hスペシャル“でも見事優勝!番組内での看板的存在となる。
東名阪ライブは毎回ほぼ完売し、イオンモールでのライブも700~800人近くを動員する。2016年から鈴木雅之さんの全国ツアーに参加し、ボーカリストとしての実力も発揮している。バイリンガルで日本語のみならず英語の作詞作曲も手がけるシンガーソングライターとして積極的に活動。2018年7月4日に待望の2ndアルバム「MIKI MADE」をリリース。
~2016年1月の出場から優勝5回、100点曲は下記の6曲にのぼる~
2016.10.12 予選 「恋人」 鈴木雅之 決勝 「Hello,my,friend」 松任谷由実
2017. 9.6 予選 「Tomorrow never knows」Mr.children 決勝「anniversary」 kinki kids
2018.1.17 予選「Open Arms」 JURNEY(番組史上初洋楽100点) 決勝 「Ti Amo」 EXILE
DISCOGRAPHY
2015.11.18 Single 『Forever』
2016. 6.8 1st Album 『Ippo Ippo』
2017.12.15 2nd Single 『幸せの種』
舞台 2015年9月大ヒットミュージカル『RENT』(マイケル・グライフ新演出版)のJOANNA役を務め、2017年夏の再演も大好 評のうちに8月、幕を閉じた。

 

宮本 貴奈(ピアノ)/ Takana Miyamoto
ピアニスト・作曲家。茨城県結城市出身。
米バークリー音大映画音楽&ジャズ作曲学科卒。
米英を拠点に20年約30カ国で活動を展開。
全米エドマンジャズピアノ大会優勝、
参加作がグラミー賞に2部門でノミネート、
二年連続アトランタベストジャズ他受賞。
「Promises Made」は米ジャズチャート5位。
2013年NY録音 「オン・マイ・ウェイ」で日本デビュー、
TOKU、伊藤君子等のアレンジ&プロデュースの他、
中西圭三、狩野泰一との【WA-OTO】等コラボも展開。
物語が見えるようなピアノプレイとアレンジ、
奏者を輝かせるサウンド作りで、ソロ活動の他、佐藤竹善、
絢香、大黒摩季、サラ・オレイン、日野皓正、May J.、
八神純子、由紀さおり、氷川きよし等との共演やレコーディング、
映画「惑う」「マーチング」「ふるさとがえり」
NHK「日本の話芸」等の音楽や、オーケストラワークも多数手がける。
国立音大ジャズ科講師、結城紬大使。

 

伊藤大輔 (Vo)/ Daisuke Ito
ボーカリスト。 伸びやかな声質と抜群の歌唱力、 無類のリズム感と表現力が魅力。 ジャズ、ポップス、クラシック、 英語、日本語、オリジナル楽曲から完全即興まで、 ジャンルや時代を超えて幅広く歌を紡ぐ。 ソロコンサートやゲスト出演の他、コラボユニットも展開、 年間200本を超える公演をコンスタントに行う。 エフェクターとマイク1本でのパーフォーマンス、 “Voice Solo”をライフワークとするなど、 歌い手としての”声”を深化、追求する活動も展開中。 近年はスイス、マレーシア、香港などのジャズフェスティバルや アカペラフェスティバルへの招聘も続き、海外にも活動の幅を広げる。 柔らかく情感あふれる歌唱とトーク、 ハイセンスなステージパフォーマンスは、 幅広く支持されている。