Live Schedule
10 30 Tue

Carol 山崎 3rd アルバム『Carol』レコーディングLIVE

いよいよ10/30はライブレコーディング!北村英治さん始め、豪華なゲスト、そして皆さまに応援していただきながら、この日を特別な夜にしたいと思います。曲目ラインナップにもご注目くださいませ〜。ハンガリー…この国の血が入っている私に、と、プロデューサーがハンガリーのお菓子を用意してくださいました!前回8月に来てくださった方には無料プレゼント!お待ちしていま〜す♪

open/start
18:00/19:00
adv/Door
4,000円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
artist
キャロル 山崎(vo)、北村 英治(Cl)、赤塚 謙一(Trp)、安齋 孝秋(pf)、田中 光栄(Harmonica)、中村 誠(Dr)、小澤 基良(Bass)、

キャロル山崎
父親はハンガリー系アメリカ人、母親は日本人。東京都出身。モデルとして雑誌グラビア、日テレ11PMなどのカバーガールを。草刈正雄主演TBSドラマ’鞍馬天狗’のエンディング曲’ラブ・イズフォー・オール・シーズンズ’ で歌手デビュー。KINGより後藤次利プロデュース、オリジナル曲中心のアルバム’アモーレ’をリリース。その後、本格的にジャズに魅せられ、勉強。ニューヨーク・ハーレムに滞在してジャズクラブに飛び入りするなど武者修行を。‘93年第9回ジャズボーカル賞の新人賞を受賞。この賞はその年最も活躍した新進シンガーに贈られるもので、優れた歌唱力とエンターテインメント、優しい人柄などが認められた。‘06年、前田憲男サウンドプロデュース、北村英治、原田忠幸、大野俊三ら、日本を代表するメンバーと録音したアルバム、“DREAM”を発表。’09年、イタリア・ローマにて、ベルギーのヨーロピアン・ジャズ・コンテスト(’08)で優勝したアレッサンドロ・ブラーボ・トリオと録音。“帰り来ぬ青春”をリリース。注目のイタリアのミュージシャンのファブリツィオ・ボッソ(Tp)も参加としたことや選曲も話題に。10月、ジャパンツアーを敢行。
’10年、 世界の ’’いま聞きたいこの100人’’ に選ばれる。(SP時代から現代まで時代を超えて)
‘11年、ジャズボーカル界の最大イベント第27回日本ジャズヴォーカル賞大賞を受賞。
‘13年、東京交響楽団と共演。
湘南ビーチ FMパーソナリティーとして20年ほど、毎週2時間の番組が続いている。TOKU、ケイコ・リー、ミッキー・カーティス、山下洋輔など、多彩なゲストを迎える同・生放送ライブでは企画、MC、歌を。住み慣れた横浜を愛し、老舗クラブ・元町クリフサイド、全国ランキング上位のライブハウス・関内バーバーバー等に出演、またディナーショーやイヴェント出演で全国に足を伸ばす。保護犬の黒ラブと暮らす。射手座、B型。スイーツ、お寿司に目がない。
〜華やかな雰囲気のステージング、心に響くシルキーボイスで、聴く人のハートを優しく包みます〜

◆北村英治(きたむら えいじ)クラリネット
1929年東京都生まれ。
慶応大学在学中にクラリネットを学び、1951年南部三郎クインテットでプロデビュー。1954年に自己のバンドを結成し、以来国内外でのコンサート、ディナーショウ、ラジオ・テレビ出演等、幅広い演奏活動を行っている。デキシーからモダンスィングまでをこなし、最近ではクラシック曲にも挑戦するなど前進を止めない。演奏会では木菅の暖かく深みのある音色と独特のフレーズで、聴衆の心を豊かに満たし、曲間のお喋りでも大いに楽しませてくれる。1977年モンタレージャズ祭(米国)に招かれ大好評を博し、以来アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリア等の大ジャズ祭に数多く出演し、世界的ジャズクラリネット奏者として活躍している。1977年度 南里文雄賞受賞、2007年 旭日小授章 受章。
http://eijikitamura.com/sp/profile-b.html

安齋孝秋 ピアノ
作曲、編曲、Piano,Keybord奏者。「おかあさんといっしょ」(NHK)歌のお兄さん、坂田おさむのバック・バンド等で、キーボードを担当。Jazz、Bluseの演奏から、映画、アニメの作曲、劇伴製作まで、幅広く音楽活動を行っている。

 

小澤基良 ベース
1981年2月5日生まれ。
神奈川県横浜市出身。東京農業大学卒業後ジャズの道を志し友人の紹介で東京理科大学ジャズ研究会へ入部
独学でジャズを勉強し数年後にプロ活動を開始。WOVEN NOTESのメンバーとしてニューヨークへの武者修行を経験し、本場アメリカの音楽や芸術に対して自然に接する感覚に感銘を受ける。ごつくて温かい音色で空気をどっしりさせるようなベーシストを目指しながら都内や横浜で活動中。横浜でJAZZを身近に感じてもらうために、有志が集まり作った団体「YOKOHAMA JAZZ EGGS」の代表を務める。

中村誠 ドラム
神奈川県出身。中学生のころXJAPANに憧れてドラムを始める。大学在学中にビルエヴァンスのピアノに惹かれジャズに興味を持ち、大坂昌彦氏、岩田康彦氏に師事。同世代のミュージシャンとのセッションに加え、キャロル山崎、MALTA、布川俊樹、竹内直各氏等とも共演。2016年にはnica&Hongo trioでアルバムSunnyを発表。一方「ビートまりお」率いるCOOL&CREATEや、MOSAIC.WAV、桜咲千依のライブツアーやレコーディングに参加。ジャンルを問わず幅広く活動している。また相模大野の音楽教室「MUSIC SCHOOL GROOVE」でドラム講師として後進の指導にも励んでいる。

赤塚謙一 トランペット
北海道出身。トランペッター、作・編曲家。
2009年4月、AKBB (Akatsuka Kenichi Big Band)を結成 、翌年ジブリのカバーアルバム「ビッグバンド☆ジブリ」 を発表。

 

 

田中光栄 ハーモニカ
ジャズ・ハーモニカ奏者。そのソウルフルかつメローな音色とジャジーなプレイは唯一無二で、世界中のハーモニカシーンから注目されている。アメリカやアジア各国のハーモニカフェスティバルに毎年招聘され、国際的に活躍中。