Live Schedule
11 28 Wed

KOHJI SH’TARA ON STAGE 2018

大好きな映画音楽やオリジナル曲をスタインウェイのピアノで歌い語ります。懐かしい子役時代の映像もあり!全身全霊を懸けたピアノソロ「花の舞」は我々のルーツ「大いなる者」との魂のセッションです。

open/start
18:30/19:30
adv/Door
前売4,000円 当日5,000円 【ご飲食別途/予約制/先着順自由席】

artist
KOHJI SH’TARA(Piano & Vo)

☆プログラム☆
黄色いからす、花の舞、MY  WAY、 等

 

設楽幸嗣 プロフィール
1946年6月4日 地球に舞い降りる。
MUSIC

3才よりピアノを弾き始める。5才の時、処女作「夢の小人」を作曲。玉川学園を経て国立音大作曲科を卒業後、ライブハウス「ジァンジァン」の音楽監督を務め、浅川マキと出会いバックグループを組む。‘71年渡米。5年間カリフォルニアに居住し、欧米にて作曲及びプロデュースを研修。帰国後、りりィのアルバムをスタートに下条アトム、アリス、徳永英明、等をプロデュース。シャンソンでは、阿部レイ、秋篠樹里亜、宇野ゆう子、林隆三、等のコンサートをプロデュース。その間に、自身のアルバム「F.B.C.組曲」を発表。収録曲の「UNSEEN」を始め「時の流れ」「花の舞」「ANGEL」「めぐり逢い」「ディスタンス」「幻眠(まどろみ)」「夢のまた夢」「一期一会」等、数多くのオリジナル曲を創作。You Tubeにて一部公開している。また、「α−WAVE」「幸せ色の風ーエチュード」等の穏やかで美しいメロディは、精神の安定、心の癒し、潜在意識を呼び起こさせる独特の世界を持っている。ドラマチックでありながら、心のずっと奥底に響いてくる繊細なピアノの音色・・・女性の心をわし掴みにして放さない、甘く切ない歌声・・・対照的に、岩をも砕け散らしてしまいそうな、パワフルなパフォーマンス・・・カテゴリーやジャンルの枠を全て超えたところに、設楽幸嗣の世界がある。

 

MOVIE  MAGAZINE  RADIO

5才で松竹映画「夢と知りせば」でデビュー。個性的な名子役の誉れ高く、音大受験の18才「おはなはん」まで30本の映画に出演。代表作「黄色いカラス」「子供の眼」「お早よう」「大津波」(日米合作)。その他雑誌「少年画報」の表紙を7年間飾る。FM東京「音楽って何だ」のホスト役。他・・・

PERSONAL

8才より茶道を始める。15才にて石洲流茶道教授となる。雅号「古楽庵宗幸」。24才の時、母(一楽庵宗美)より家元を継ぐ話しが持ち上がるが、渡米のため断念。父(設楽幸聖)「日本正統運命学研究会会長」より学んだ東洋哲学をベースに、渡米中にマスターしたカウンセリング、ヒーリング及びライフ・プロデュースを音楽本来の姿と結びつけ自己開発セミナー等を行う。又、現代音楽の大家・武満 徹は叔父にあたる。

CONCERT

「ジァンジァン」時代は、自己のトリオを率いて「設楽幸嗣の夕べ」を2年間に渡り、毎月実施。‘78年より「THE GREATSESSION」と題し、‘85年3月まで30本のコンサートを行った。その後、10年間の充電期間を経て、‘95年5月よりソロ・ステージを再開 する。

ホームページ  http://www.fbc1978.com    Facebook  http://www.facebook.com/kohjishtara