Live Schedule
01 09 Wed

「山田タマル ALL-TIME BEST とっくに愛してる」発売記念LIVE

山田タマルです!前回のLiveメンバー(ピアノ・秋山暁子さん、バイオリン・中垣真衣子さん、ギター・畑崎大樹さん)に加え、今回はパーカッション・柳沢ガクさんにも参加していただくことになりました。いらっしゃる皆さま、みんなみんなで、素敵な時間に。ご来場、お待ちしています!

open/start
18:30/19:30
adv/Door
前売3,800円 当日4,000円【+1ドリンクオーダー/予約制/先着順自由席】
artist
山田 タマル(Vo & Gt)、秋山 暁子(Pf)、中垣 真衣子(Vn)、畑崎 大樹(A.Gt)、柳沢 ガク(Perc)

「山田タマル ALL-TIME BEST とっくに愛してる」のリリースを記念して、東京でのバンドLive開催が決定いたしました!スペシャルメンバーと、Liveならではの彩りで。スペシャルな一夜、お楽しみください。

 

山田タマル(山田珠露/Yamada Tamaru)

2006年資生堂〈マキアージュ〉コマーシャル曲「My Brand New Eden」でメジャーデビュー。以降、アルバムリリースやLIVE活動と共に、TV・ラジオの番組テーマ曲やコマーシャル曲、舞台や映画の音楽監修も務める。(BS-TBS「大沢たかお インカ帝国 隠された真実に迫る〜マチュピチュが解き明かす最大の謎〜」等)現在、新菱冷熱工業のコマーシャル曲がオンエア中の他、女優としても舞台やドラマ(NHKドラマ10「聖女」)に出演する等、近年多方面にわたり、表現者として活動の場を拡げている。2016年、さんりく大船渡ふるさと大使に拝命。2017年4月には音楽(作詞(英語)、作曲、歌唱)で参加したTVアニメ「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」が放送、12月には「フルメタル・パニック!ディレクターズカット版」(3部作各エンディング曲書き下ろし)が上映。2018年4月から放送開始されたTVアニメ「フルメタル・パニック!IV」では主題歌を手がけ、5月9日に主題歌集、10月24日には自身初のベストアルバム「山田タマル ALL-TIME BEST とっくに愛してる」をリリース。アニメシーンはじめ、音楽界で大きな反響を呼んでいる。

http://www.tamaru-web.com/

 

 

【Member】

☆秋山暁子(あきやま あきこ)Piano

新潟県村上市出身/千葉県在住ピアニスト、作曲家。4才よりピアノを習い始める。大学卒業後、Music college「メーザーハウス」ピアノ専攻入学。ピアニスト国府弘子氏に師事。卒業後、レストラン、バー、ホテル、ディナーショー、イベント等で、演奏者としての活動を本格的に始める。活動を行う中で、オペラ歌手、シンガーソングライター、童謡歌手、シャンソン歌手等、多くのボーカリストとの出会いに恵まれ、伴奏者としてライブ、コンサート、イベント、ラジオ等数多くのステージを経験。現在は自然からインスピレーションを得たオリジナル制作に力を入れており、現在まで、ピアノソロアルバム「凛風」「夢」をリリース。「凛風」はMXTV「ヒーリング&ヘッドラインニュース ベルギー編」に、「夢」は同番組「路面電車のある風景1」のBGMとして採用され数年に渡って放映、癒しを求める人に静かな注目を集めている。心に寄り添う温かな音創りを目指して自身の音を追求している。2012年よりSEGA人気ゲーム「龍が如く」シリーズ4作に渡って楽曲提供、劇伴を担当。2017年公開 浅生マサヒロ監督の映画「少年少女映画」(音楽プロデューサー 山田タマル)のBGM、楽曲提供を行う。定期的なソロライブの他、2016年より、sax佐藤洋祐氏、guitar小幡英司氏とともに、柏を中心に日本の歌をジャズにアレンジしたライブを続けている。

PV「凛風」演奏動画

https://youtu.be/dVxtjh6Kuj0

Newアルバム「花笑み」より 音源のみ

https://youtu.be/rzq6JuPRaPE

 

 

☆中垣真衣子(なかがき まいこ)-Violin

宝塚市出身。5歳からバイオリンを始める。神戸女学院大学音楽学部在学中、ベーシスト上山崎初美氏にジャズの手ほどきを受けた後レコーディングで共演したジャズ界の重鎮・小曽根実氏の演奏に感銘を受け師事。卒業後は小曽根実ユニットの一員として、また自己のユニットで関西一円でライブ活動を展開。’96NY Music Festival参加。’00バークリー音楽大学Summer Festival参加時、選出されファイナルステージで演奏。’04までヤマハポピュラーミュージックスクールバイオリン講師育成西日本統括スタッフ。またヤマハトップデモンストレーターとして国内外100ヵ所以上での演奏をこなす。’04活動拠点を関東に移したのち、愛知万博クロージングフォーラム・インターネットジャムセッションにてオランダ・アムステルダムよりジャズバイオリニストとして参加。現在はヤマハポピュラーミュージックスクール講師の傍ら、数々のアーティストのライブサポート、またスタジオミュージシャンとしてもジャンルを超えたマルチプレイヤーとして活動。オーケストラ撮影時のスコアオペレーター、ドラマ撮影時バイオリニスト役の技術指導、また占星術アロマセラピストとして「香りと音楽」を融合したイベントを行うなど、活動は多岐にわたる。

 

 

☆畑崎大樹(はたざき たいき)-Guitar

地元和歌山で喫茶店を経営していたが、2000年、音楽活動に専念するために上京し、ASIA SunRiseとして活動。自身で作詞作曲を手がけ、主に弾き語りを中心に年間100本以上のライブ活動を行う。インディーズにて「Happy」「Rainbowman」「Sunshine boy」の3枚をリリース後、2007年にメジャーアルバム「原色」をヴィレッジミュージックよりリリース。2010年にはshibuya duo MUSIC EXCHANGEで行われたワンマンライブのDVD「Oh yeah!」、2011年にフルアルバム「情熱すてるな」をリリース。タイトル曲「情熱すてるな」が、テレビ朝日「ちい散歩」同年4月~6月エンディングテーマに起用される。2014年5月より、アーティスト名を本名の畑崎大樹に変更し、アコースティック・アルバム「ハートマーク」をリリース。タイやシンガポールなど、海外でのツアーもコンスタントに敢行している。

http://asiasunrise.jp/

 

 

☆柳沢ガク(やなぎさわ がく)-Percussion

1971年、東京・日野市で生まれ、6歳より大阪で育つ。17歳の時に、Bob Marley&The Wailersに打ちのめされドラムを始める。25歳頃のとある日、京都の民族楽器屋にて当時珍しかったDjembeに一目惚れ。さらにその強烈な音に打ちのめされ即購入。以来ジェンベ1本で、とにかくジャンルや場所を選ばず、セッションとライブを中心に音楽を学んで行く。後にCajonやCongaも取り入れる。2008年11月末、上京。上京3日後、当時お世話になっていたジャスシンガーのスージー黒岩さんのライブへ顔を出しに銀座へ向かう。その際、上京したら師事しようと心していたパーカッショニストの伊達弦氏と偶然にも出逢う。翌年より2年間、浅草JPCのコンガスクールにてアシスタントをさせて貰いながら、音楽のみならず多くを学ぶ。以後、現在に至るまで、数々のバンドやセッション、ライブ、レコーディングに活動中!