Live Schedule
01 10 Thu

“A Tribute to Someone”
公開 Recording Live!!

満を持しての公開レコーディングライブ。Berklee College of Music卒業メンバーによる個性豊かな楽曲とクオリティーの高い演奏を是非お楽しみください。

open/start
18:30/19:30
adv/Door
3,500円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food&Drink]よりご確認ください。)
※座席にて2オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
曽根麻央(Tpt)、David Negrete(Sax)、Grant Richards(Pf)、Mitsuru(Bs)、則武 諒(Dr)

プロフィール

曽根麻央 (Tpt)
2018年にジャズの二刀流(トランペット&ピアノ)として、 2枚組セルフ・プロデュースCD『Infinite Creature(PCCY-30248)』でメジャー・デビュー果たした。そのスタイルは、ジャズを基盤に日本や他の民族音楽を自己の作品や演奏に取り入れるという大胆なもの。更にトランペットとピアノの同時演奏でも知られている。
1991年生まれの曽根は、幼少期よりピアノを始め、ルイ・アームストロングに憧れ8歳でトランペットを手にし、9歳で地元・流山市周辺での音楽活動をスタートさせる。13歳より杉木峯夫にトランペットを師事、16歳で最大の恩師・タイガー大越と出会い渡米を志す。18歳で日本を代表するドラマー猪俣猛グループに参加し、同年バークリー音楽大学に全額奨学金を授与され渡米。2016年には同大学の修士(Master)課程の第1期生として首席(summa cumlaude)で卒業。在学中にはタイガー大越、ショーン・ジョーンズ、ハル・クルック等に師事。同時に、グラミー賞受賞ピアニスト、ダニーロ・ペレスの設立した教育機関、グローバル・ジャズ・インスティチュートに在籍し、ダニーロ・ペレス、ジョー・ロバーノ、ジョン・パティトゥッチ、テリ・リン・キャリントン等に師事、また彼らと共演。
これまでにニューポート、モントレー、モントリオール、トロント、ドミニカ共和国等の国際的なジャズ・フェスティバルに出演。2016年にはバークリー音楽大学とニューポート・ジャズフェスティバルの主催で開催された「第一回ニューポート・ジャズ・ワークショップ」で金管楽器とアンサンブルの講師を務めた。
2017年には自己のバンドを率いてニューヨークのブルーノートやワシントンDCのブルース・アレイ等、アメリカを代表する老舗ジャズクラブに出演。2018年メジャー・デビュー。
曽根は国際的に権威ある機関より名誉ある賞を数々受賞している。
2014年度フィラデルフィアでの『国際トランペット協会(ITG)ジャズ・コンペティション』で1位優勝。
同年ロサンゼルスで行われたジャズで最も厳格な大会『国際セロニアス・モンク・ジャズ・コンペティション』にて13人のファイナリストとして世界中の応募者の中から選出。
2015年に地元・流山市より『ふるさとづくり功労賞』受賞。
2016年アムステルダム『”Keep An Eye” 国際ジャズアワード』にて1位優勝。

 

David Negrete デイビッド・ネグレテ (Sax)
1984年生まれ。カルフォルニア・サンディエゴ出身。
5歳からピアノを学ぶ。
ジュニアハイスクール、ハイスクールではスクールバンドでフルートを担当。同時に12歳からアルトサックスを独学で始める。
高校卒業後ジャズマスターCharles Mcpersonに師事。
2004年、全額奨学金でバークリーで音楽院に入学。
2007年 同院卒業後ニューヨークに活動の拠点を移し老舗ジャズスタンダード等にてライブを行う。
2011年に日本に移住し、バンド『Tribe of D』を結成。
メンバーは、日本人若手ジャズミュージシャンのトップランナー、宮川純(pf/key)、中林薫平(bs)、柴田亮(ds)、荻原亮(gt)、古谷淳(pf)、中村恵介(tp)。
ジャズの伝統と自身のオリジナリティーを融合させた作曲、演奏には定評がある。
2016年1月13日にアポロサウンズより自己のバンドと共に録音したファーストリーダーアルバム『Tribe of D』を発売。
——————————————————–
David Negrete was born in 1984 in Long Beach California. His mother taught him to play the piano when he was 5 years old, and when he turned 10 he chose the flute as his main instrument for middle school and high school. While studying classical music on the flute he had an earnest desire to play the alto sax after hearing it played on a local jazz radio station.
When he was a young teenager the Negrete family moved to San Diego. Before even graduating high school David was hunting the local music scene, composing music, and joining late night jam sessions with local musicians like trumpeter Gilbert Castellanos. It was also in San Diego where the youngster found jazz master Charles Mcpherson, and for a short while took lessons to grasp the fundamentals of bebop and improvisation.
In 2004 David was awarded a full tuition scholarship to attend the Berklee College of Music in Boston based off of a performance audition. There he studied harmony & theory, counterpoint and composition. Professors who he studied under included Hal Crook, Terri Lyne Carrington, George Garzone, Walter Beasley, Ed Tomassi, Dave Fiuczynski and Tiger Okoshi.
While still a young student Negrete’s biggest performance based training came from the nearby jazz club Wally’s Cafe. It was here where historical jazz icons frequently came and performed freely with the spirit of jazz. Negrete became a regular, and soon he was performing every week with the new generation of musicians such as Warren Wolf and Jason Palmer.
Upon graduating Berklee David moved to New York. Here he gained further experiences with much more artists and musicians performing at the Blue Note and Jazz Standard.
In 2011 the saxophonist left the states and located to Japan. Since then he has been gaining a lot of attention in the Tokyo music scene. His debut CD entitled [TRIBE OF D] was released in January 2016. It features original music written in Japan and features an all-star line up of Japanese musicians.

 

Grant Richards (Pf)
東京を中心に活動するGrant Richards (グランド・リチャーズ)は受賞歴のあるパフォーマー、作曲家、そして講師であり、様々な状況/スタイル/ジャンルに適応することが出来る。オレゴン州ポートランドで生まれ育った彼は幼少時代から音楽に親しみ、Eldon Richards, Randy Porter, Gordon Lee,Thara Memory講師陣らに師事。
14歳の時初めてのリーダーアルバムを製作、全ての楽曲の作曲/編曲を自ら手がける。大学入学までに有名Downbeat誌にて最優秀ソロ演奏賞(2004年)、最優秀ジャズ編曲賞(2005/2006年)、最優秀高校アンサンブル(2007年)他に選ばれる。Terri Lyne Carrington, Hal Crook, Doug Johnson, Alain Mallet, Danilo Perez他の素晴らしい講師/演奏家に教育を受けバークレー音楽学校を卒業し音楽学士号を取得。そこでは毎年たった一人の才能のある生徒にのみ授与されるJimmy Lyons奨学金を与えられた。2014年/2015年にはフロリダにアメリカ全土の若きジャズピアニストが集まるアメリカジャズピアノコンクールで2度ファイナリストに選ばれる。彼は音楽家というだけではなく、たくさんの経験と情熱のある音楽講師でもある。
グラミー賞受賞アーティストEsperanza Spaldingを始めとし、Eddie Gomez, Terri Lyne Carrington, Dave Liebman, Valerie Simpson, Simon Phillips, Nancy King, Ben Wolfe, Damian Erskine, Javon Jackson, Greg Hopkins, Glen Moore, Dick Berk, そしてChuck Israelsと共演。
2枚目のスタジオアルバム「Numinous」(CD Baby, iTunes, Amazon, BandCampにて購入可能)をリリース直後、東京にあるインターナショナル音楽教室での講師として働き始め、現在日本在住。活気がある東京のミュージックシーンでジャズクラブやホテル等で精力的に演奏活動も続けている。

 

Mitsuru (Bs)
2008年9月、Berklee College of Musicに入学。 Hal Crook, John Lockwoodに師事。
在学中はWally’s Jazz CafeにてJason Palmerとの交流を深める。
2011年5月、BerkleeよりPerformance Majorのdegreeを得て卒業。
以後、ニューヨークに拠点を移し、様々なミュージシャンと交流を深める。
帰国後は自己のプロジェクト”A Tribute to Someone”にて竹下清志、Alan Benzie、佐藤浩一、大林武史、柴田敏弥、Grant Richards、Aaron Choulai、則武諒、清水勇博、石若駿、横山和明、黒田卓也、曽根麻央、西口明宏、David Negrete、Gene Ess等、(順不同)
国内外で活躍するトップアーティストとの共演を果たす。

 

則武 諒 (Dr)
1984年、愛知県名古屋市出身。ロック、ヘビメタ、ハードロック、パンクなどから影響を受けるが次第にジャズや即興音楽に傾倒。
甲陽音楽学院名古屋校卒業後、ボストンのバークリー音楽大学へ留学。在学中はIan FromanやHal Crook, Bob Gullottiといったニューイングランド地方の著名な教育者/演奏者から音楽的な面に限らず大きな影響を受ける。
同校を首席(Summa Cum Laude)で卒業後、さらにニュージャージーの名門ウィリアムパターソン大学に進学し音楽修士号を取得。同校では日本人としてジャズを演奏することについての論文と、メロディックドラミングに関する論文を作成する。Mulgrew MillerやRich Perryなどに師事。NYを中心に活動したのち2011年9月に活動の拠点を日本に移す。
教養に裏付けられた深く洞察力溢れる揺るぎないドラミングは多方面から高い評価を得て数多くのユニットで活動中。
Ryo Noritake:
Born Nagoya, 1984.
Ryo’s first musical interests were centred around rock, heavy metal, hard rock and punk music, but overtime he came to devote himself to jazz and improvisational music.
After graduating from the Nagoya school of the Koyo Conservatory of Music, Noritake moved abroad to Boston, in 2005 to attend the Berklee College of Music. Whilst in Boston, he met the musician greats, Hal Crook, Ian Froman and Bob Gullotti, who became his mentors and had a profound influence upon both his music and life.
Following his graduation from Berklee with summa cum laude (B.M. 2008), he moved to the New York area to attend the William Paterson University to pursue a Master’s degree in Jazz performance. (M.M. 2011) , learning from the likes of Mulgrew Miller and Rich Perry. After a brief professional career in New York, he moved back to Japan in 2011.
Ryo Noritake’s culturally insightful and unwavering drumming style has earned him a valuable reputation as a drummer, and he currently performs with many musical units.
ocial Media Profiles