Live Schedule
12 18 Tue

年末だよ物部さん、笑いと感動のオンステージ「歓喜祭 2018」

物部彩花2年ぶりのアルバムリリースを記念して、アルバム収録曲やライヴ限定曲を魂を揺さぶるソウルフルな歌声と、臨場感たっぷりのスリリングなライヴレコーディング(本番一発録り)にてご堪能いただきます!

open/start
18:00/19:00
adv/Door
6,500円【+1ドリンク800円/予約制/先着順自由席】
artist
物部 彩花(Vo)、斎藤 タカヤ(Pf)、小泉 P克人(Bass)

☆プロフィール☆

物部彩花(もののべ あやか)/Vocal

京都府出身

12歳よりアルトサックスを始め、14歳で声楽を学ぶ。19歳でアルバムデビュー、ニューヨークへ渡米。2009年にリリース「Dear Souls」(T-TOC RECIRDS)がスウィングジャーナル誌選定「ゴールドディスク賞」受賞、「ジャズディスク大賞録音賞」する。美空ひばり氏の未発表曲「魂のかけら」を受け継ぐ唯一の日本人歌手として、その曲を収録したアルバム『THE LADY OF SOUL」を2013年にリリース。活躍の場は広がり数々の公式イベントや大使館の祝典で各国の国歌を歌い、首脳陣からも高い評価を得ている。現在はルーツである日本をより深く知り、発信すべく全国の神社奉納ライヴや地方創生事業にも力を入れるようになる。2016年、全曲作詞/作曲/プロデュースを手掛けたミニアルバム「五色(ごしき)のラヴレター」が全国発売。iTunes Store R&B/SOUL部門1位、Amazonミュージックヒット3位、人気商品Bot5位。2017年よりテレビ東京系列「THE★カラオケバトル」に出演、飾らないちょっぴり攻撃的なキャラクターが女性ファンから支持されるようになり、2度の準優勝をかざる。

 

斎藤タカヤ(さいとう たかや)/Piano

東京・新宿区出身

5歳頃に自発的にピアノを弾き始め、約10年間クラシックのレッスンを受ける。2007年には、日本を代表するサルサバンドとして世界的に知られる「Orquesta de La Luz」にピアニスト/コーラスとして加入。現在まで、全国的なライブ活動での演奏を始め、編曲やレコーディングにおけるリミックスなども担当し、バンドサウンドを決定する役割も果たしている。​国内各ジャンルのアーティストとのライブ共演やレコーディング(主な共演者:井上陽水、Puffy、山崎まさよし、SMAP、TUBE、松任谷由実、宮沢和史、キマグレン、大黒摩季、南佳孝、太田裕美、中島啓江、小椋佳、未唯mie、TOKU、Sheila、タモリ… 等々)、作・編曲(TV番組・TVCM等への音楽提供、各種音楽制作、サルサ編曲)、ソロピアノ、TV・ラジオ番組出演 など、音楽家として幅広い分野での活動を展開している。

 

小泉P克人(こいずみ ぴー よしひと)/Bass

愛知県出身

幼少期よりバイオリンを始め、ドラム、ギターと渡り歩きベースに落ち着く。17歳頃からJAZZ, SOUL, FUNKを好んで聴くようになる。2003年秋より、日本ジャズベースの重鎮、鈴木勲のグループ“OMASOUND”に参加し、多大な影響を受ける。2009年9月には、沖野修也の20周年イベント”TokyoCrossover/Jazz Festival” に参加し、MONDAY満ちる, MONDO GROSSO, BRAND NEW HEAVIESのメンバーと共演。015年には沖野修也の新しいプロジェクト、『KYOTO JAZZ SEXTET』に参加し、BLUE NOTE JAPANから4月に1st album『Mission』をリリース。同年9月には東京JAZZ2015に出演。その他、五十嵐一生やウィリー長崎、黒田卓也、西藤ヒロノブ、須永辰雄、高岡早紀、東儀秀樹、古澤巌、本田竹広、山下洋輔、吉澤はじめ、Alex Sipiagin、Jill-Decoy association、Orange pekoe、Tom Currenなど、ジャンル問わず様々なアーティストのLIVE, Recordingに参加。