Live Schedule
05 25 Sat

柳田 慶子 長田 美紗子 デュオリサイタル
Keiko Yanagita Misako Osada Duo Recital
Nikolai Medtner Violin Sonata No.1 & No.2

難曲でおなじみの作曲家、ニコライ・メトネル。世界的ピアニスト達と数々の共演を行う柳田慶子と、世界トップレベルのピアニスト長田美紗子が、全身全霊を込めてライブレコーディングに挑む!

open/start
18:00/19:00
adv/Door
3,500円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food&Drink]よりご確認ください。)
※座席にて1オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
柳田 慶子(Vln)、長田 美紗子(Pf)

ハノーファーで出会った2人が、ニコライ・メトネル の描くユートピアの世界に挑む!

ロシアに生まれイギリスにて生涯を終えた作曲家、ニコライ・メトネル。超絶技巧が詰まった難曲、ヴァイオリンソナタ第1番第2番に挑むのは、ルービンシュタイン最高位の世界的コンサートピアニストChing-Yun Huとの共演を控えるなど、世界的ピアニスト達と数々のヴァイオリンソナタに挑むヴァイオリンニスト柳田慶子。8歳でピアノコンチェルトデビューを果たし10歳よりイギリスへ渡り、日本、イギリスなど数々のコンクールで優勝した世界トップレベルのピアニスト長田美紗子。メトネルを愛する2人が、全身全霊を込めてライブレコーディングに挑む!

 

長田 美紗子(おさだ みさこ)
神奈川県出身。
6歳でピアノを始め、平沢由美子、東京藝術大学名誉教授高良芳枝氏の元で学ぶ。
10歳でイギリスに渡り、ユーディ・メニューイン音楽学校卒業。ハノーファー国立音楽大学に入り研鑽を積んだ後イギリス、ギルドホール音楽演劇大学にて大学、大学院を首席卒業。
7歳の時に「かながわ音楽コンクール」で3位を受賞し、8歳でコンチェルトデビュー。
2001年、「第55回全日本学生音楽コンクール」全国大会にて優勝。
2006年、「オランダ若い音楽家たちの国際コンクール」にてMusic in ME賞受賞。
2011年、「ラヴェル・アカデミー」(フランス)参加。優秀生として戦争と平和の音楽者章を受賞。
2012年、「ジャック・サムエルコンクール」(イギリス)にてギルドホール音楽演劇大学代表として参加し本選にて観客賞受賞。
2013年、「クラクストン・メモリアル(イギリス)」と「ヘルプ・ミュージシャン(イギリス)」の審査に通り奨学金を受ける。
2013年、「オクスフォード音楽フェスティヴァル・プロフェッショナル・リサイタルコンクール」(イギリス)にて優勝。
2014年「ベートーベンコンクール」(イギリス)優勝。
2015年第25回ペトロフピアノコンクールにて最高賞を受賞
これまでに、イリーナ・ザリツカヤ(ロシア)、マーセル・ブデ(オランダ)、ヴラジミール・クライネフ(ウクライナ)、ジョアン・ハヴィル(ニュージーランド)、ロナン・オホラ(イギリス)各氏に、室内楽をベルチャ四重奏団のメンバーであったアリスター・テイト(イギリス)、キャロライン・パーマー(イギリス)各氏に、チェンバロとフォルテピアノをキャロル・セラシに師事。

 

柳田 慶子(やなぎた けいこ)
鹿児島県鹿児島市出身。2歳半よりヴァイオリンを始める。
第52回全日本学生音楽コンクール九州大会バイオリン部門中学生の部第1位、全国大会出場。1999年九電ふれあいコンサートにて九州交響楽団とソリストとして共演。第1回クロアチアにおける国際交流コンサートオーディションヴァイオリンソロ部門第2位(部門最高位)
2004年よりドイツ国立ニュルンベルク音楽大学ガストステューデント、2005年よりドイツ国立ハノーファー音楽演劇メディア大学演奏家専門コースに在籍。在学中ソリスト、コンサートミストレスとしてカンマーオーケストラハノーファー、ハノーファー国立音楽大学教育課程専門コース並びにジャズ科オーケストラと共演。在学中ハノーファー音楽大学講師のI.ラウフス氏よりジャズオーケストラとヴァイオリンソロのための小品「SPEC」を献呈され、初演。2011年よりドイツのエーデルホフ・リックリンゲン財団の奨学生として数々の演奏会に出演。帰国後、東京と鹿児島にて数々のリサイタルを行い、世界的ピアニスト、尾崎有飛、キリム・ベルガゾフ、坂本真由美と共演。2018年7月18日THE GLEE RECORDより、ブラームスの3つのヴァイオリンソナタが収録されたデビューCD「恋Romanze 3つのブラームスのヴァイオリンソナタ」をリリース。共演は世界的ピアニスト、マーク・ピエール・トス。2019年11月5日、すみだトリフォニー小ホールにて、ルービンシュタイン最高位の世界的ピアニストChing-Yun Huとリサイタル、2020年にヨーロッパを中心に世界中で活躍する世界的ピアニストHaiou Zhangとのデュオリサイタルを控えている。これまでに松村英夫、吉川朝子、H.ツァック、D.ゲーデ、V.ロビン、U.シュナイダー、A.コステツキの各氏に師事。