Live Schedule
07 21 Sun

関屋茉梨子&大嶋美帆子 四手連弾ピアノリサイタル

ソロピアニストとして活躍中の二人のピアニストの出会いによって、新たな表現世界がここに…。なかなか聴く機会の少ない四手連弾。1台のピアノを四本の手で演奏することで演奏表現の可能性はより大きく、よりダイナミックなものになります。本日のリサイタルでは、バレエ音楽、踊りをテーマに、幻想的かつ超絶技巧要素を取り入れた聴きごたえのある構成となっております。四手連弾の醍醐味、魅力を、ぜひこのリサイタルでご堪能いただければ幸いです。

open/start
12:00/13:00
adv/Door
3,500円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food&Drink]よりご確認ください。)
※座席にて1オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
関屋 茉梨子(Pf)、大嶋 美帆子(Pf)

Y’s Artists Support Presents

関屋茉梨子&大嶋美帆子 二人のピアニストによる 四手連弾ピアノリサイタル

Program

ラヴェル /マ・メール・ロワ

チャイコフスキー=ラフマニノフ /「眠れる森の美女」組曲 Op.66a よりワルツ

アンダーソン&ロエ /美しき青きドナウ幻想曲

ストラヴィンスキー /ペトルーシュカ

Profile

<関屋茉梨子>

東京音楽大学卒業。第31回カワイ音楽コンクール全国第3位(1位無し)。第23回ABC新人コンサートオーディション入選。第10回北本ピアノコンクール連弾部門上級第1位。第14回大阪国際音楽コンクール最高位。その他数多くのコンクールで入賞。
1997,’98年ポーランドクラクフ管弦楽団と共演。2012-’18年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン音楽祭に出演。’13,’15年ミュンヘン国際音楽セミナーにてM.シェーファー氏、’16年ザルツブルク国際アカデミーにてヤフェイ・チャン氏に師事しディプロム取得、優秀者に抜擢されアカデミーコンサートに出演。同年12月、自身初となるファーストアルバム「エトワール」をリリース。’16-’17年東京・静岡にてCD発売記念ソロリサイタルを開催。’17年ヤマハ主催プレミアムコンサートに出演。’18年夏、南あわじ音楽祭にて東京フィルハーモニートップメンバーとモーツァルトピアノ協奏曲を共演。また、ドイツ、オーストリア、韓国など海外での演奏、コシノジュンコプロデュース「ザ・パレス・ガラ」、東京各地でのソロリサイタル、デュオリサイタルなど様々なコンサートに出演する。小中学校へのアウトリーチ活動や、音楽で被災地の子供達の心のケアを行う東北こどもオーケストラ指導にも携わる。
これまでに、大富栄里子、押尾秀子、長谷川さち子、多美智子、小高明子、白水芳枝の各氏に、ピアノデュオをピアノデュオドゥオールに師事。
公式ホームページ

 

<大嶋美帆子>

4歳より母大嶋郁子の指導の下ピアノを始め、桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。同年秋に渡仏し、パリ市立地方音楽院の最高過程を審査員満場一致で卒業、スコラ・カントルムのコンサーティスト過程においてディプロムを取得する。帰国後、東京藝術大学大学院修士課程ピアノ科を修了。これまで徳丸聡子、オリヴィエ・ギャルドン、ジョルジュ・プルーデルマッハー、迫昭嘉、斉藤龍の各氏に師事する。
 現在は東京に拠点を置きながら演奏活動を行う。これまでフランス、ドイツ、スイス、イタリア、ルーマニアにおいてソロリサイタルを行うほか、クラヨーヴァ・フィルハーモニック・オーケストラ、ライプツィヒ・フィルハーモニック・オーケストラと協演する。2015年のパリ郊外カミーユ・クローデル美術館の開館に伴って、オープニング・ウェブサイトの音楽を担当した。
これまで、第4回コープ・ミュージックアワード アントニオ・ベルトリーニ国際コンクールにてピアノ部門第1位、総合第1位、アントニオ・ベルトリーニ賞受賞、第2回ジャック・タデイ国際音楽コンクール第1位、第2回ヤング・ピアノスターズ国際ピアノ・コンクール 第2位、第7回リヨン国際ピアノコンクール、シャトゥー国際ピアノコンクール、第2回ユーレッジョ・ピアノ・アワードにて入選。第20回宝塚ベガ音楽コンクール第4位、第29回飯塚新人音楽コンクール第3位、第10回ショパンコンクールin ASIA アジア大会入賞など、国内外のコンクールに入賞。

公式オフィシャルサイト  http://www.mihokooshima.com