Live Schedule
05 24 Fri

鈴木和郎 The Pianist -55th Anniversary-

open/start
18:30/19:30
adv/Door
予約 5,000円
当日 5,500円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food&Drink]よりご確認ください。)
※座席にて2オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
鈴木和郎(Pf)、中林薫平(Bs)、河村亮(Dr)

プロフィール

鈴木和郎(すずきかずお)
1960年5月24日、大阪市生まれ。ピアニスト、アレンジャー、作曲家。
豊かな感性による繊細かつダイナミックな演奏技術に裏打ちされたピアノを主体にしながらも、ジャンルを越えた独自の音楽世界を展開。
谷村新司、夏木マリ、中島啓江、雪村いづみ、マリーン、麻倉未稀、サーカス、石井聖子、中西保志等のアーティストの音楽監督、楽曲提供及びサポートを始め、コンボからオーケストラまでアレンジできる編曲家として、NHK『ときめき夢サウンド』では準レギュラー、また同局主催による国際音楽祭等でも、スティービー・ワンダーをはじめとするアーティストのオーケストラアレンジも行う。その他、テレビドラマへの音楽の提供、CM音楽のプロデュース、スタジオワーク、ミュージカルの音楽監督、若手シンガーのプロデュースなど、幅広く活躍している。

 

中林薫平(なかばやしくんぺい)
1981年生まれ。高校入学と同時に甲南高校ブラスアンサンブル部に入部し、ウッドベースを始める。2003年守口・門真ジャズコンテストでは、グランプリ、ベストプレイヤー賞を受賞。卒業後、日野皓正、吉田次郎、嶋本高之らと共演。2005年に活動の拠点を東京に移し、山口真文バンド、佐山雅弘トリオ、鈴木勲「OMA SOUND」、堀秀彰トリオ、市原ひかりGroup、古谷淳トリオ、清水絵理子トリオ、関根彰良バンド等でプレイする。
2008年に自己のカルテットを結成し、ミニアルバム「Graffiti」をリリース。2012年には全てオリジナル曲によるセカンドアルバム「The Times」をリリース。2012Jazz page人気投票においてベストインストアルバム部門で1位を獲得。同時に同サイト上で2012ジャズマンオブザイヤーを獲得する。その他、国内外の音楽フェスティバル出演、海外からのアーティストのサポート、ポップスのサポート、ベーシスト3人だけの自己のバンドや、劇団とのコラボレーションなど活動は多岐にわたる。

 

河村亮(かわむらあきら)
1980年生まれ、岐阜県出身。
幼いころから両親の影響で音楽に親しみ、4歳からクラシックピアノ、13歳からドラムを始める。
岐阜大学教育学部音楽科にて器楽奏法、音楽理論を学ぶ。和泉正憲氏に打楽器を、ドラムを黒田和良氏に師事。
大友孝彰、太田剣、荻原 亮、小沼ようすけ、カワムラヒロシ、Grace Mhaya、紗理、辻 岳人、
牧野竜太郎、Maya Hatch、安ケ川大樹、ほか、数々のミュージシャンと共演。
荻原 亮、Grace Mhaya、Circus、junko、NakamuraEmi、森永理美、The Links Jazz Trioのレコーディングに参加。
現在、活動の拠点を東京に移し、ジャズ・ポップスフィールドで演奏活動中。