Live Schedule
06 16 Sun

垣岡敦子父の日コンサート in TheGLEE 2019 ~息子・娘から父への感謝を込めて~

毎年恒例の垣岡敦子父の日コンサート。素晴らしい音楽と共にお父さん、ご家族に日頃の感謝の気持ちを伝えてみてください♪

open/start
12:00/13:00
adv/Door
前売 6,000円 当日 6,500円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
artist
垣岡敦子(ソプラノ)、大坪由里(ピアノ)

垣岡敦子 (ソプラノ・オペラ歌手) Atsuko Kakioka(soprano)

同志社女子大学学芸学部音楽学科声楽専攻を首席で卒業。

同大学音楽会頌啓会特別専修生修了、大学在学中にオペラデビューを果たし、

その後、数々のオペラをはじめソロリサイタル・デュオリサイタルに出演。

2000年、イタリアに渡り、ミラノ音楽院にてミラノ・スカラ座指揮者のD・マッツォーラ、

ピアニストのM・ブッロ、同劇場アカデミアボイストレーナーのM・Bカゾーニ、

G・ロールミ、G・カネッティ他各氏の元で研鑽を積んだ。

日本帰国後も、林康子氏の元でさらに研鑽を続けている。

 

2002年3月イタリア・ヴァルセージアの歌劇場で「ラ・ボエーム」

のムゼッタ役でデヴューを果たした後、ミラノを拠点にイタリア、スペイン、ウイーン

などで数々のオペラ・コンサートに出演、特にウィーン楽友協会での第九のソロは、

超満員の聴衆を魅了した。

スペインでは、音楽雑紙「L‘OPERA」に”素晴らしい響きを持ったソプラノ特に高音は

羨むほど伸びのある柔らかい響き“と高評を得た。

ミラノ在住期間中も日本には度々帰国し、ソロリサイタルをはじめとする様々な公演に出演。大阪・いずみホールで行われた「垣岡敦子ソプラノリサイタル」において,大阪文化祭賞奨励賞を受賞し、“その声は、透明感に溢れる美しい声と独特の華がある舞台”と絶賛された。また、読売新聞主催のプッチーニ生誕150周年「日韓オペラガラコンサート」にテノール市原多朗氏と共に日本代表として選出され高評を博す。

2009年にイタリアより完全帰国し、2012年10月東京に於いて初ソロリサイタル

“Amore~愛の歌Vol.1~”を開催し好評を博す。2013年2月年東京・新国立劇場中にて日本初演オペラJ・オッフェンバック「ロビンソン・クルーソー」の主役に抜擢されて高評を博し、引き続き同年7月同劇場にてO・レスピーギ「ラ・フィアンマ」2015年7月F・アルファーノ「復活」の主役を歌い、特に「ラ・フィアンマ」では、日本人離れした声の響きとその容姿は、新聞他各方面から絶賛され、今後更なる活躍が期待されている。

近年では、2012年よりシリーズ化している“Amore~愛の歌~”をはじめ”父の日コンサート“も合わせて本人プロデュースの照明を取り入れての演出のコンサートも定評がある。2014年には紀尾井ホール続けてサントリー大ホールにて日本フィルハーモニー交響楽団との共演でのリサイタルの成功を収めた。(ゲストテノール 福井敬)

日本クラシック音楽コンクール最高位をはじめイタリア・コルテミッリア国際コンクー2位、RE-SE-JONG国際コンクール3位などを受賞。

ファーストアルバム「CUORE」(制作/東芝EMI)、セカンドアルバム「Amore」~愛の歌~をリリース、現在、東京都在住。

垣岡敦子オフィシャルHP www.atsukokakioka.com/