Live Schedule
06 27 Thu

JCAA meets TheGLEE Musiculture Vol.4 響を編む音を紡ぐ~Composer Plays~

“ご好評をいただいているMusicultureシリーズ、第4弾は作曲、編曲、そしてプレイヤーとして八面六臂の活躍をみせるJCAA会員3人による作品を中心にお届けします。今回のプログラムでは自作をはじめ、お気に入りの既存の曲のアレンジ、そして「アメージンググレイス」をテーマにした書き下ろし新作を自らの演奏でお届けします。3人のトリオによる今宵限りのスペシャルユニットも登場。作風も奏でる楽器も異なる三人の音楽がどのような響きを作り出すのか、お楽しみに!”

open/start
18:30/19:30
adv/Door
6,000円【1ドリンク付/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food&Drink]よりご確認ください。)
※座席にて1オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
岩城 直也(Pf)、小林 洋平(Sax)、佐藤 舞希子(vc)

ご好評をいただいているMusicultureシリーズ、第4弾は作曲、編曲、そしてプレイヤーとして八面六臂の活躍をみせるJCAA会員3人による作品を中心にお届けします。今回のプログラムでは自作をはじめ、お気に入りの既存の曲のアレンジ、そして「アメージンググレイス」をテーマにした書き下ろし新作を自らの演奏でお届けします。3人のトリオによる今宵限りのスペシャルユニットも登場。作風も奏でる楽器も異なる三人の音楽がどのような響きを作り出すのか、お楽しみに!

徳永洋明 :プロデューサー
“東京藝術大学作曲科卒業。第七回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第二位、「2agosto」国際作曲コンクール第三位。作品は
オーケストラ作品から合唱曲、歌曲、放送音楽まで幅広く、コンクールの課題曲としても取り上げられている。またアンサン
ブルピアニストとしても活動し、様々なジャンルの音楽家より篤い信頼を得ている。

岩城直也 : ピアノ
“作・編曲家、ピアノ・電子オルガン・鍵盤ハーモニカ奏者。日本作編曲家協会理事。
東京音楽大学 作曲<映画・放送音楽コース>首席卒業。ヤマハエレクトーンコンクール2014最高位。
これまで、玉置浩二・R.グラスパー・尾上松也・沖仁らのオーケストラ共演曲や城田優×昆夏美、Sing Like Talking・岡本真夜・NOBU・大谷康子らの楽曲、ミュージカル「狸御殿」(演出:宮本亜門 音楽:服部隆之)劇中曲、「聖剣伝説25周年コンサート」、ヤマハ音楽教室教材、TBS「A-Studio」番組タイトルバックなど多くの作編曲を手掛ける。一方、前田憲男・国府弘子・小原孝・塩谷哲・根本要・鈴木雅之・佐藤竹善・中山美穂・サラ オレイン・
My Little Lover/小林武史ら多くのアーティストとの共演を重ねる。

小林洋平:サックス
“東京理科大学で宇宙物理学を学んだのち、奨学金を得てバークリー音楽大学へ留学。在学中「Alf Clausen Award」を受賞し、同校映画音楽科を首席で卒業。帰国後は作編曲家、サックス奏者として数多くのファンを魅了している。
主な作曲作品として、映画「繕い裁つ人」、NHKドラマ「夕凪の街 桜の国2018」「はぶらし」「高橋留美子劇場」「チャンス」、CXドラマ「炎の経営者」、TBSドラマ「BUNGO」、MBSドラマ「アザミ嬢のララバイ」、NHK「国際報道2019」、NHKスペシャル「世界遺産 富士山」ほか多数。編曲作品としては、映画「キャプテンハーロック」、スクウェアエニックス「ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII」などがあり、多方面から絶大な信頼を得ている。

佐藤舞希子:チェロ
“1984年5月24日生まれ。
東京都出身 A型
幼い頃からピアノを習い、ふと耳にしたチェロの奥深い音色に惹かれ、チェロ科として東京音楽大学付属高校入学。同大学卒業後、自作の曲をピアノとチェロで演奏したいと思ったことをきっかけに、独学で作曲活動を始める。チェリストとしてバンド活動、箏や三味線との和洋折衷ユニット他、オリジナルにこだわった幅広いジャンルで積極的に活動を行う。BS JAPAN『日経プラス10』テーマ・ジングル音楽制作。東海テレビ・フジテレビ系全国ネット昼ドラマ『プラチナエイジ』劇伴楽曲制作、出演他。