Live Schedule
07 28 Sun

〜 二胡による民族楽曲とジャズのコラボレーション 〜 <<ユーラシア大陸を駆け巡る – 民族音楽 × Jazz = Eurasia Jazz>>

中国シルクロード民族楽曲・ポピュラー他を二胡とジャズプレイヤーによるアレンジでお届け!!!

open/start
12:00/13:00
adv/Door
3,500円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food]よりご確認ください。)
※座席にて2オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
椿繐(チュネ)(二胡)、田中さとこ(pf)、芹澤薫樹(bs)、東 佳樹(dr / perc)

【プロフィール】

椿繐(チュネ):二胡
中国政府奨学金生として中央音楽学院(北京)の民族楽器科に学ぶ。
北京にて国家第一級奏者ガオ・ヤン氏、ヤン・シュエ氏、上海にて国家第一級奏者ミン・フイフェン氏など各師に師事。
中国楽曲だけでなくジャズやクラッシック、オリジナル、アレンジ等、中国古典楽器や西洋楽器、和楽器など多ジャンルの共演やレコーディングなど幅広く活動中。
パリ・ロンドン・北京・ソウル等での海外文化交流演奏も務める。
2013年〜現在 ユネスコ平和芸術家城之内ミサ「世界遺産トーチランコンサート」に参加
第1回 ”中日韓国際二胡音楽コンクール” 海外部門「金賞」受賞。
第29回”アジア国際音楽コンサート”中国音楽理事会主催 「銅賞」受賞。
中国民族管弦楽学会会員

 

田中さとこ(たなかさとこ):Pf

4才からピアノを始め、早い時期より作曲にも興味を持つ。お茶の水女子大学に入学し、人文学の観点から音楽について学ぶ(文教育学部芸術表現行動学科)。
大学でのクラシックピアノや音楽文化講義の他、学生軽音楽サークルでの日々のポップスやフュージョン、アシッドジャズ系のバンド活動を通して、次第に即興音楽やジャズに惹かれ、卒業後に奨学金を受け2000年にバークリー音楽大学に留学。留学中は主にジャズの作曲やアレンジ技法、演奏法を学ぶ。
現在はジャズをメインに、ワールドミュージックやポップス、ファンクなどジャンルを超えた多数のミュージシャンとの共演も積極的に行いながら、自身ではジャズを基調とした自作曲やアレンジ曲によるリーダーグループの活動も定期的に行い、特にコンテンポラリーでピアニスティックなサウンドを好み、作曲、演奏している。

 

芹澤薫樹(せりざわしげき):Bs

1975年静岡県生まれ。幼少より音楽に傾倒し、ピアノ・打楽器を経たのち早稲田大学ハイ・ソサエティー・オーケストラ(ジャズ・ビッグバンド)にてベースを始める。卒業後はフリーのセッション・ベーシストとして、荒木一郎、すがはらやすのり、李政美、井上昌己、dorlis、navy&ivory、TAROかまやつ、人見麻妃子、KOKIA、SUITE VOICEなど様々なアーティストのレコーディングやコンサートに参加する。向井滋春、平賀まりか、川上さとみほか多数のジャズ・ミュージシャンとの共演、羽毛田耕士ビッグバンド、田中さとこTrio、ラテン・フュージョン・グループS.I.Mへの参加など、ジャズ界においても精力的に活動している。(敬称略)

 

東 佳樹(ひがし よしき):Dr/Perc

1975年、大阪府出身。東京藝術大学卒業。シエナ・ウインド・オーケストラの打楽器奏者として活動する一方、ドラム、パーカッション奏者としてオーケストラ、室内楽の分野からアーティストサポートまで、様々なジャンルのコンサートに出演。またミュージカルや舞台作品での演奏、CMや映画音楽の録音などのスタジオワーク、TVの音楽番組への出演など、様々なシーンで音楽活動を展開している。