Live Schedule
09 06 Fri

バンドネオン奏者 仁詩 Banda Nova
「FELIX」CD発売記念ライブ

’18年夏アメリカかにて【Che Bandoneon Competition】第2位の仁詩のリーダーCD発売記念ライブ。悪魔が作ったと言われる蛇腹楽器【バンドネオン】が世界の音楽を響かせる

open/start
18:30/19:30
adv/Door
予約 4,000円
当日 4,500円 【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food&Drink]よりご確認ください。)
※座席にて2オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
仁詩 Hitoshi(バンドネオン)、田中庸介(ギター)、阿部篤志(ピアノ)

【バンドネオン 仁詩 Hitoshi】
京都府出身。作・編曲家。
大阪音楽大学短期大学部ジャズコースピアノ専攻卒業。
2005年〜2009年の間に度々アルゼンチン・ブエノスアイレスに渡り研鑽を積む。
カルロス・パソ、ネストル・マルコーニ、ロベルト・アルバレス各氏に師事。
2018年夏、アメリカで開催された第4回国際バンドネオン・コンテスト【Che Bandoneon Competition】第2位受賞。
アジア・オセアニア諸国への海外公演も多く行なう。
<近年の活動記録として>
2015年 すみだアートプロジェクトにて、「お江戸ウロボロス」を主宰公演。
2016年 2018年 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。
2017年 2018年 東京・春・音楽祭に出演。
2019年 神戸市室内管弦楽団とピアソラのバンドネオン協奏曲にて共演。
現在は東京を拠点に全国的にツアーを展開中。他分野とのセッションも多く、近年は朗読や演劇、踊りとのコラボレーションも多く行う。
バンドネオンの後進の指導も行うほか、様々な楽器に対してのタンゴアンサンブルのためのワークショップも全国的に行っている。
<自身の主な活動として>
尺八とバンドネオンを中心とした日本発世界音楽紀行「直会 Nao – Rai」タンゴバンド「Virtus」、民族音楽と踊りのコラボレーション「旅する僕ら」南米風ジブリ企画「ジブリズム」など。

 

【ギター田中庸介】
ブルース、ロック、ジャズをはじめ、近年はタンゴなどの南米音楽を融合させ、ジャンルを超えた演奏と作曲、編曲を行うギター奏者。
ライブやコンサートの他、映画やTVドラマ、絵画や書、ダンスへの演奏/楽曲提供なども行う。
近年では椎名林檎、涼風真世、渡辺えり、坂東玉三郎などのCD参加や、NHKプレミアム『日本縦断こころ旅』[2017-](音楽は平井真美子)などで演奏している。
サウジアラビアで行われた中東最大級の文化と伝統の祭典ジャナドリア祭[2011]では『梅津和時トリオ』として参加し、3週間にわたり演奏し好評を博した。
『佐藤鈴木田中』『Tango-Jack』 『Nyabo Ssebo』他、多くのバンドやユニットで活動。

 

【ピアノ阿部篤志】
近年は東儀秀樹(雅楽師)&古澤巌(Vn)&coba(Acc)の全国ツアーのバンドマスターを務め、一青窈(Voc)日野皓正(Tp)カルメンマキ(Voc)などの有名アーティストとの共演も多数。
また舞台の音楽監督としても活躍しており、仲代達矢・岸恵子・松坂慶子などの豪華俳優陣との朗読劇の作曲、ダンサー森山開次との舞台制作など、活動は多岐多彩。
令和元年にリリースした“solo solo寝よか”CDも好評。海外公演も多く、来春にはフランス人歌手との南米ツアーも控え、世界で愛されるピアニストである。