Live Schedule
01 17 Fri

All About Love
with maiko & Happy Talk
New Year Celebration Live

ジャズバイオリニストの第一人者のmaikoと、極上のジャズユニットのHappy Talkの豪華なコラボレーションが実現。この夜のみのセッション、ジャズの醍醐味をぜひお見逃しなく!

open/start
18:30/19:30
adv/Door
4,000円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
※通常メニューのご提供となります。(メニューの詳細は[Food&Drink]よりご確認ください。)
※座席にて2オーダー以上のご注文を頂いております。
artist
maiko(Vln)、アンドレア・ホプキンス/Happy Talk(Vo)、ジョナサン・カッツ/Happy Talk(Pf)

【プロフィール】
maiko(マイコ)
神戸市出身。3歳からバイオリンを始める。京都市立芸術大学音楽学部卒業。
1999年4月、上京。ジャズバイオリニスト寺井尚子氏のライブに通いつめ、アドバイスを頂きながらジャズバイオリンの研さんを始める。
1999年12月、第19回浅草Jazzコンテストでベストプレイヤー賞を受賞。
2001年10月、横濱ジャズプロムナード、ライブ・コンペティション本選大会で向井滋春賞を受賞。
2001年からの8年間で2,000回を越えるライブ・パフォーマンスを行い、自己のスタイルを確立する。
2009年9月、洗足学園音楽大学ジャズコース非常勤講師に就任。
現在首都圏のライブハウスを中心に自身がリーダーのライブ活動をするとともに、Trump、じゃず撫子、SJS他、多くのバンドやセッションに参加。
ビバップ、スウィング、ECM、フュージョン、ラテンと幅広いジャンルにおいて、音色の美しさと熱い演奏が身上。
コンポーザーとしての才能も高く、歌心あふれるオリジナルナンバーは好評を博している。
2020年春、通算10枚目となる活動開始20周年記念アルバムをリリース予定。

 

Happy Talk(ハッピー・トーク)
アンドレア・ホプキンス(Vo)とジョナサン・カッツ(Piano)によるデュオユニット。音楽的相性が抜群にいいこの2人。アンドレアの美しい歌声とジョナサンの洗練されたピアノの旋律が親密に絡み合う、シンプルかつちょっとお茶目なデュオ、それが「HAPPYTALK」。
これまでに世界的なジャズ、ポップスアーティスト達と共演してきた2人だが、今彼らが「デュオ」というシンプルな編成で表現したいこと、それはアメリカンスタンダードや世界の名曲を彼らのフィルターを通した個性豊かな解釈で演奏すること。それはデュオという親密な編成だからこそ可能なこと。
ジョナサンの叙情的で、切れ味鋭いピアノの音色に包まれながら歌う魅惑の歌姫アンドレアの、大胆かつ官能的な歌声に、聴衆はいつしか心を揺さぶられ、そして心を奪われていく。音楽的才能と人間的魅力あふれる2人のパフォーマンスをご堪能ください。