Live Schedule
03 28 Sat

【公演延期】:L.A. Diva Duo concert

ロサンジェルス (L.A.) で現在活躍中のRumi(Flute)と関根弘江(Piano & Vocal)がデュオを組み、ジャズ、ラテン、ポップス、ワールドミュージックなど幅広いジャンルでオリジナリティーあふれる音楽をお届けします。

open/start
18:00/19:00
adv/Door
予約3,800円、当日4,000円 【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席】
artist
【L.A.Diva Duo-Rumi(flute)、関根弘江(piano & vocal)、】大久保寛之(Bass)、荒井康太(Drums & Percussion)

※公演をご予約されたお客様へ
本公演はアーティストのご都合により、延期となりました。
延期公演の日程が決まり次第、弊社HPなどで告知致します。
本公演を楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございません。
何卒よろしくお願い致します。
TheGLEE 事務局

 

☆Rumi  (flute)

京都生まれ。

ブラスバンド部をきっかけにPiccoloとFluteを始め、堀川高校音楽科に入学、卒業後はオーストリアに渡りウィーン国立音楽大学を卒業。故ウェルナー・トリップ氏に師事。

その後東京に活動拠点を移し、ジャズ、ブラジル演奏を中心にライブハウス、レストラン、イベント、カフェなどで演奏。これまでにTV、NHK-FMラジオ等に出演し、多数アーティストのサポートを務め、多数のレコーディング、ツアーにも参加。

Los Angeles に渡り、ロサンゼルス州立大学にて奨学金を取得しアフロラテン音楽を専攻、修士号を取得。

2011年に第39回 National Flute Association Convention Jazz Flute Master Class Competition の優勝者として選ばれる。2013年に初の自己オリジナルCD ”Rumi & Zabumba Rumba”をSergio Mendes groupのベーシストHussain Jiffreyプロデュースによりリリース。

現在、自己のプロジェクト “Rumi & Zabumba Rumba”、そして ブラジル音楽グループ “Bossa Zuzu” やジプシージャズグループ ”Vignes Rooftop Revival”の活動を精力的に行い、米国のラジオ局KPFK 90.7 FMラジオや新聞等にも出演。2015年2月にはジャズフルーティスト3人によるユニット””Flutology”のメンバーとしてLionel Hampton Jazz Festivalに、そして同年12月には全米で放送されるTV show “Dorothy Chandler Pavilion Christmas holiday Show” に出演。

Mail: rumiflute@gmail.com

Website: www.rumiflute.com

 

Hiroe Sekine(関根弘江)

ピアノ・歌・作詞・作曲・編曲

ジャズ・ポップス・ラテン・ワールドミュージック

 

群馬県桐生市出身、ロサンジェルス在住。

南カリフォルニア大学(University of Southern California = USC) 音楽学部ジャズ科卒業。

グラミー賞を二度受賞したYellowjacketsのピアニスト・キーボディストのラッセル・フェランテ氏のプロデュースにより、これまでに4作のCDをリリースし、三作目はSony Music Directより発売された。いずれもアメリカのジャズ界で高い評価を得、全米のラジオ局で数多く放送されている。1作目のアルバムA-meはAll About Jazz誌により2010年のメインストリームジャズアルバムの中でキース・ジャレットのCDなどと並び、ベスト25に入った。3作目のOne World One SunはAquarian Weekly誌により2017年に発売されたワールドミュージックCDの中でベストアルバムに選ばれ、その中の収録曲Nippon Barreは国際作曲コンペティションのジャズ部門で一位に輝いた。また、権威のあるロサンジェルス群立美術館主催のジャズコンサートシリーズに三度招聘され、そのうち二度は二時間のコンサート全てとインタビューがラジオ局KJZZから全米に放送された。4作目のHiroe’sSpiritはアメリカのBlue Canoe Recordsから2019年7月にリリースされた。

オリジナルのジャズ曲やスタンダードに加え、ボサノバやラテンジャズ、ポップス、ワールドミュージックなど幅広いジャンルの曲を手掛け、また日本語、英語、ポルトガル語、フランス語、スペイン語による弾き語りも得意とする。

二作目After the Rainfallについて、日本を代表するジャズ評論家・後藤雅洋氏はこのように語っている。「軽やかで爽やかなアルバムだ。ボブ・シェパードの軽快なソプラノサックス、フルートに関根弘江のピアノ、キーボードがからむと、居ながらにしてリゾートで寛ぐ心地よさに浸れる。トラックによって披露される弘江のヴォーカルも効果的で、囁くような歌声を聴いていると、どこまでも青く透き通った海辺に遊ぶ気分になる」

Mail: sekaimusic@gmail.com

Website: www.sekaimusic.com

YouTube: https://www.youtube.com/results?search_query=hiroe+sekine