Schedule
05 28 Sat

The Grit Groovers「Barrelhouse Brats」リリース記念ライヴ in TOKYO

古き良きブラック・ミュージックの継承を胸に、The Grit Grooversが自信を持って贈る「Barrelhouse Brats」。先人のスピリットと若気の至りをたっぷり詰め込んだサウンドをお届けいたします。

open/start
17:30/18:00
adv/Door
一般 ¥4,000 / 高校生以下 ¥3,500 *別途1ドリンクオーダー、全席指定
artist
〈The Grit Groovers〉高瀬啓伍(Pf)、チェケラッチョ(Dr)

〈The Grit Groovers〉

2022年1月結成。高瀬啓伍とチェケラッチョ(こういち)の1998年生まれ二人によるインストゥルメンタル・デュオ・ユニット。ブギ・ウギやブルース、ラグタイムに主軸を置いた演奏に取り組むほか、楽曲制作や編曲にも力を入れ、公演やイベント出演など多角的な活動を展開している。ユニット名は「いつまでもグルーヴを追い求める者たち」の意味を持ち、ピアノとドラムが創りだすソウルフルなサウンドにこだわり、独自のアプローチで日本から世界へ発信しつづけている。ブラック・ミュージックのマスターピースとオリジナル楽曲で構成したアルバム「Barrelhouse Brats」(Tin Pan Records)を2022年5月26日にリリース。

〈高瀬啓伍〉

1998年11月15日生まれ。4歳からピアノを始め、神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻にてクラシック音楽を学ぶ。現在はブギ・ウギ・ピアノをライフワークに、ピアノ・ブルースやラグタイム、ニューオリンズ・ジャズなど幅広いピアノ・プレイ・スタイルを展開する。また、コンポーザー・ピアニストとして楽曲制作にも力を入れ、ジャンルにとらわれることなく多彩な音楽活動に取り組んでいる。2021年春よりジャンプ・ブルースやニューオリンズ・ジャズ、ディキシーランド・ジャズなどをバンド編成で披露する「Litty Boogie Jamboree」を結成。2022年1月にはピアノとドラムからなるインストゥルメンタル・デュオ・ユニット「The Grit Groovers」を結成するなど、積極的な発信に励んでいる。他にも、「けいごの音楽便プロジェクト2022」と銘打った通年企画を考案し、それぞれ異なるコンセプトで構成した3枚のアルバムのリリースを予定している。2022年5月26日に企画第1弾アルバムThe Grit Groovers「Barrelhouse Brats」(Tin Pan Records)をリリース。これまでにピアノを小見山園子、大須賀かおり、奥村友美、川染雅嗣、稲生亜沙紀、守屋純子の各氏に師事。ジャパン・ブギ・ウギ・アカデミー 第1期生。

〈チェケラッチョ(こういち)〉

母の影響で慣れ親しんだロック・バンド・サウンド、ゲーム好きな父の影響で始めた太鼓の達人がドラムのルーツ。中学時代は吹奏楽部にてパーカッションを担当し、クラシカルな打楽器の基礎を学ぶ。映画「スウィングガールズ」のモデル校となった兵庫県立高砂高等学校ジャズバンド部に所属し、ジャズ・ドラムを学ぶ。在学中に出場した「Japan Student Jazz Festival」において2015年・2016年ともに個人賞(ナイス・プレイヤー賞)を受賞。その後、昭和音楽大学短期大学部ポピュラー音楽コースを首席で卒業。ドラムを則竹裕之、江尻憲和、江口信夫の各氏に師事。現在は音楽活動に併せ、俳優としての活動にも力を入れており、TikTokやLINELIVE、YouTubeなどのオンライン・コンテンツに積極的に取り組むなど、幅広い分野を展開している。