Schedule
07 10 Sun

Ensemble 紫音 ~Shion~ 2022 Summer Concert

箏・尺八・チェロによる唯一無二のハーモニー!
昨年冬に続く紫音のコンサートシリーズ第2弾。
今回は打楽器をゲストに迎え、夏にぴったりのナンバーやブラジル音楽、そして今回初演の委嘱曲も!すべてオリジナルアレンジでお届けします。

open/start
13:00/13:30
adv/Door
会場チケット:¥3,500+ワンドリンク制
※記上プレイガイドよりお申し込み下さい。

配信チケット:¥2,000
下記URLよりお申し込み下さい。
artist
Ensemble 紫音~Shion~(尺八、箏、チェロ)、幸多 俊(打楽器)

配信チケットはこちら→ https://twitcasting.tv/c:theglee/shopcart/160558



profile

渕上ラファエル広志

ブラジル出身。カンピーナス州立大学音楽学部でフルートを専攻した後、尺八に転向し、同大学大学院で修士号を取得。2013年、São Paulo Research Foundation のスカラーシップにて、日本に約半年間の留学をした。2015年には、日本財団(海外日系人協会)より5年間の奨学金支給を受け、再来日。尺八を柿堺香、菅原久仁義の両氏に師事し、横山勝也師の古典本曲及び琴古流尺八を習得。2020年、東京音楽大学大学院博士後期課程にて尺八の研究で博士号を取得。現在、付属民族音楽研究所特任研究員。日本音楽集団団員。JSPN(Japan Shakuhachi Professional-players Network) 会員。

 

筝・三絃・胡弓・上方唄演奏家

松浪 千紫(まつなみ せんし)

3歳より箏、6歳より地歌三味線をはじめる

1993年 宮城道雄記念コンクール児童の部第1位

2009年 同コンクール一般の部第3位

NHK-Eテレ「にっぽんの芸能」NHK-FM「邦楽のひととき」等出演

2021年6月 オリジナルアルバム『Precious Pieces』リリース

自身の演奏会を主催するほか、学校・福祉施設・外国人研修などの場でのワークショップ、洋楽器とのコラボレーションなど幅広く活動。

松浪流家元 松浪千壽師に師事、京都・大阪の座敷唄「上方唄」を学びその継承に努める

早稲田大学人間科学部卒業

松浪流 師範

千紫会 主宰

春日部邦楽同好会講師

華蓮の会会員

《HYUNAH PARK/ 朴賢娥(パク・ヒョナ)》チェロ

韓国出身。淑明(スクミョン)女子大学音楽大学を卒業。桐朋学園オーケストラアカデミー、および修士課程を修了。ウィーン国立音楽大学演奏者課程修了。東京音楽大学博士後期課程を準特別奨学生として在学、優秀賞を受賞し修了、博士号(音楽)習得。サントリーホール室内楽アカデミー第1期を修了。2011、2012年サントリーホール・チェンバーミュージック・ガーデンに出演。

ソリストとしてベルリン交響楽団などと共演。広く知られていないA.ドヴォルザークの「チェロ協奏曲イ長調B.10」をメキシコと日本にて初演するなど世界各地で活躍している。

これまでにチェロをD.Feygin、S. Kropfitsch, O. Müller, 堤剛、岩崎洸、銅銀久弥、チェ・ヒチョル、およびチャン・ソンウンに、室内楽をA.Kouyoumdjian、J.Meissl、M.Fernandes、 T.Leopold、P.Matzka、P.Schuhmayer、藤原浜雄、若林顕、上田晴子、カルテット・エクセルシオに師事。現在、東京音楽大学付属高校オーケストラ・室内楽非常勤講師、東京音楽大学指揮科特別アドバイザーを務めている。