Live Schedule
10 25 Sun

アヤスヨコスがお届けする 小松菜ハイボール と 音楽の調べ

元劇団四季で活躍、現在は作詞作曲をしながら全国でLIVE活動をしている横洲かおる。ヴァイオリニストの崔樹瑛、ピアノに菅原綾をむかえて、小松菜の魅力もたっぷりのハッピーライブ!

open/start
18:00/19:00
adv/Door
3,500円【ご飲食代別途/50席限定/完全予約制】
artist
横洲 かおる(ヴォーカル)、崔 樹瑛(ヴァイオリン)、菅原 綾(ピアノ)

【予定プログラム】

レ・ミゼラブル 夢やぶれて アメージング・グレース

雨の歌(ピアノヴァイオリンのためのソナタ)etc

 

【出演者プロフィール】

横須 かおる / ヴォーカル

東京都杉並区出身。東京学芸大学卒業後、劇団四季に入団。ファミリーミュージカル「王様の秘密」などに出演し、ミュージカル女優として活躍。退団後現在は、千葉県船橋市に在住。作詞・作曲も行い、千葉県を中心に全国で歌手活動を行う。船橋市市制70周年の緑化フェアの際に制作した、「アンデルセンの公園」や、船橋市地方卸売市場イメージソング「ぼくら市場探検隊!」など、船橋にちなんだオリジナルソングも数多く制作し、好評を博す。コンサートでは、ひとりミュージカルやオリジナルソングなどを交え、ジャンルを問わない様々な演出が年代を超え人気を博す。一児の母でもあり、「素敵なお母さんコンテスト2008」では、「日本大会」で「グランプリ」、「世界大会」で「準グランプリ」を受賞。最近では、食育活動の一環として、西船産 船橋ブランド小松菜のマスコットキャラクターである「西船なな姫ちゃん」のイメージソング「アブラカタブラ西船なな姫」を作詞・作曲。地域密着型の活動がNHK総合「ひるまえほっと」でも取り上げられる。 2015年8月6日、ファーストシングル「未来へ」リリース。透明感のある歌声が話題となっている。

 

 

樹瑛 / ヴァイオリン

京都府出身。京都市立音楽高等学校を経て東京芸術大学音楽学部を卒業。これまでに五嶋みどりレクチャーコンサートにてファイナリスト賞、 アルモニーユース音楽コンクールにて優秀賞、特別賞、全日本学生音楽コンクール入選、万里の長城杯国際音楽コンクールにて第1位、中国駐大阪総領事賞、大阪国際音楽コンクール室内楽部門にて第3位、リゾナーレ室内楽セミナーにて緑の風奨励賞受賞等。 また、京都芸術祭、若林暢とALANDアンサンブル、 霧島国際音楽祭、コリアンフェスティバル、 ベルリンフィル第1バイオリン奏者シモーネベルナルディーニ氏のマスタークラス等に参加。

2009年韓国にて開催された Euro Asia Music Festivalに参加しコンチェルトオーディションにてファイナルコンサートのソリストに抜擢されフェスティバルオーケストラと共演。2010年昭和音楽大学関係者によるコンサートにて学生オーケストラと共演。2014年朝鮮神奈川中高級学校のオーケストラと共演。2010BS-TBS放送による『音旅聴ままにクラシック』に出演。これまでにバイオリンをアナスタシアチェボタリョーワ氏、ヤン ソンシク氏のマスタークラス受講を始め、木村和代、堀正文、玉井菜採、若林暢の各氏に師事。 室内楽をライプツィヒ弦楽四重奏のマスタークラス受講を始め山口裕之、川崎正憲、 山崎伸子、 河野文昭、服部芳子、岡山潔の各氏に師事。現在、川崎市民交響楽団のコンサートミストス、トリオやデュオ、 日本高齢者交流パートナー(JECP)の音楽プロデューサー、アーティストのサポート等で活動中。

 

菅原 / ピアノ

宮城県塩竈市出身。3歳よりピアノを始める。 常盤木学園高等学校音楽科卒業。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。 同大学大学院音楽研究科修士課程修了。

在学中に学内でティーチングアシスタントを務める。石戸谷香子、角野裕、伊藤恵、G・タッキーノ、ヴィレム・ブロンズの各氏に師事。

2回東北青少年音楽コンクール最優秀賞及び東北電力社長賞。第7回東北ショパン学生コンクール高校生の部銀賞。第25回「オールショパンによる新人演奏会(日本ショパン協会東北支部主催)」に出演。第144回「日演連推薦新人演奏会」にて仙台フィルハーモニー管弦楽団(山下一史指揮)と共演。第54回全東北ピアノコンクール第2位。第10回ブルクハルト国際音楽コンクール第3位(第1位該当者なし)。東京と仙台にて、ソロリサイタルを開催。

現在、ソリストとしての研鑽を積む傍ら、声楽・器楽等のアンサンブルにも積極的に参加し活動の幅を広げている。 また、高齢者のための日本音楽交流パートナーJECPのメンバーとしても高齢者施設、病院などで音楽活動を行っている。

 

 

 

151025アヤスヨコス③_ページ_1151025アヤスヨコス③_ページ_2