Live Schedule
10 24 Sat

BB’s Party Night!! vol.2

5月の1st Liveの大好評を受けて、第2弾の開催決定!! 大盛り上がり必至の4人組 BB’s(ビー・ビー・ズ)を見逃すなっ!!

open/start
18:00/19:00
adv/Door
前売3,500円
当日4,000円
【ご飲食代別途/50席限定/完全予約制】
artist
ヒダノ修一(太鼓)、山田路子(篠笛)、辻本好美(尺八)、小山豊(津軽三味線)

プロフィール

◇小山 豊(おやま ゆたか) 津軽三味線
幼少より津軽三味線小山流宗家(祖父)小山貢翁に師事。日本最大流派の一つである小山流の三代目として、国内外で年間100ステージ以上に及ぶ演奏活動を行っている。2001・2002年、日本民謡協会津軽三味線コンクールで優秀賞を連続受賞。2003年、和楽器と洋楽器を融合させたインストゥルメンタルバンド「Soothe」を結成。2011年、新たに結成した津軽三味線ユニット「OYAMA × NITTA」で、ニューヨークのカーネギーホール主催コンサートを成功させ、ニューヨーク・タイムズ紙から絶賛を受ける。2012年、米国人のタブラ(インド伝統楽器)奏者Ty Burhoe、尺八奏者、小湊昭尚とともにトリオ「YO」を結成し、日本とアメリカを拠点にツアーを行う。2013年、ラテンアメリカ最大規模の舞台芸術祭であるセルバンティーノ国際芸術祭(メキシコ)に招聘され、同行ミュージシャンのコーディネートから公演内容のプロデュースまで行い、大きな成功を収めた。その他、レコーディングやテレビ出演、様々なアーティストのライブへのゲスト出演など、活動の幅は広く、多方面のジャンルにおいて活躍中。
津軽三味線の魅力を伝えるため、伝統的な楽曲の継承とともに、枠にとらわれない柔軟なスタイルで、これまでにない新しいサウンドを生み出し続けている。
【オフィシャル HP】 http://oyamayutaka.com/

◇ヒダノ修一(ひだの しゅういち)太鼓ドラマー

1989年にデビュー。10年後の和楽器ブーム到来を誰も想像しなかった創成期より、ジャズ界を中心に独自の活動を展開。その驚異の抱腹絶倒パフォーマンスは世界の打楽器界を震撼させ、21世紀の太鼓史に残る偉業を数多く成し遂げたパイオニアとして次世代に多大な影響を与え続けている。
2014年、UNESCO主催JAZZイベントに《Herbie Hancock All Star Band》のメンバーとして参加。Wayne Shorter(sax)、Marcus Miller(B)、Dionne Warwic(vo)らと共演し、世界190ヶ国で10億人以上が生中継を楽しんだ。2013年【世界一の太鼓演奏技術を持つ人】に選ばれた。国民的アイドル【ももいろクローバーZ】真夏の巨大スタジアムイベントに毎年ゲスト出演している。
サッカー【FIFA World Cup】では、FIFA公式閉会式に3大会出演した唯一のアジア人である。2010年、Stevie Wonderのアジアツアーに参加。

神奈川文化賞未来賞、横浜文化賞奨励賞。
http://www.hidashu.com/

◇山田 路子(やまだ みちこ)篠笛・能管奏者
千葉県習志野市出身。
能楽師一噌流笛方一噌幸弘氏に師事。
日本の伝統楽器である横笛、篠笛・能管を用い、古典の技術を学びながらオリジナルの世界を追求している。
作曲や篠笛指導を行っており、各地域に楽曲も提供している。

主な参加ユニット
「AUN Jクラシック・オーケストラ」「竹弦囃子」「打花打火」等

◇辻本 好美(つじもと・よしみ)尺八
16歳より尺八を始める。2010年、東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。在学中に人気テレビ番組「題名のない音楽会」に出演。2005年、和歌山県橋本市の国際親善大使として米国カリフォルニア州ロナパーク市で演奏。同年、第3回文化庁国際フォーラム「日韓学生演奏交流ワークショップ」やアッシジ日本文化祭(イタリア)で招待演奏を行う。2011年、早乙女太一「晩夏の舞」ツアーに参加。2012年、「FIFA U-20女子ワールドカップJAPAN2012」で演奏。2013年、津軽三味線奏者 はなわちえとデュオ「風華~FUGA~」を組み、国際交流基金主催南米ツアーに参加、サンティアゴ(チリ)とブエノスアイレス(アルゼンチン)で大成功を収める。現在、東京を中心に活動中。