Live Schedule
12 18 Fri

KIWA クラシカルスタイル

バッハから現代曲まで様々な楽曲に挑戦し続けるピアノ連弾KIWA。年内最後の公演、今回も二人の魅力的なプログラムをお楽しみ下さい。

open/start
18:00/19:00
adv/Door
3,500円【ご飲食代別途/50席限定/完全予約制】
☆当日、KIWA待望のハイレゾ音源販売開始致します!
『KWIA PLAYS KURTAG AND STRAVINSKY』全23曲収録 2,000円(税込)
artist
KIWA : 井垣 壮太・高岡 準(ピアノ連弾)

 

kiwahighreso

 

 

 

 

 

<演奏予定曲>
シューベルト/4つのポロネーズ D599
リゲティ/5つの小品より、ムジカ・リチェルカータより
ライヒ/木片のための音楽
ラヴェル/マ・メール・ロワ ヒンデミット/ソナタ(1938)

 

<アーティストプロフィール>

井垣 壮太
1987年生まれ。2003年PTNAピアノコンペ ティションE 級銀賞、 2005年同コンクールF級銅賞、2006年すみだトリフォニーホールにて松尾 葉子氏指揮、 ジュニア弦楽オ ーケストラとショスタコーヴィッチのピアノ協奏曲 第1番を共演。 また、アカンサス新人演奏会、名古屋にてあしながジョイントリサイタルなど多数の演奏会に出演し、2011年には豊橋市にてピアノリサイタルを開く。
2010年 東京芸術大学器楽科ピアノ専攻卒業後、 神奈川県相模原市旧藤野町の廃校の一部屋を借り、 自然溢れる環境とともに音楽を学び、現在は東京で様々な音楽活動を行いながら後進の指導にもあたっている。
これまでにピア ノを近田 佐映、長谷川 淳、 迫昭 嘉、 ソルフェージュを三浦 健一、音楽理論を平野 貴俊の各氏に師事。

高岡 準
1987年生まれ。東京藝術大学を経て 2013年、同大学大学院修士課程ピアノ専攻を修了。 修了時、 ピ アノ演奏優秀者によるジョイントリサイタルの出演者に選出される。 ジュラキシュ国際ピアノコンクール、 アセアンピアノコンツェルトコンクール等優勝。 クールシュベール音楽祭、ザルツブルグ音楽祭夏季セミナー等に参加、アカデミーコンサ ート出演。
東京藝術大学ブラス定期を中心にアディンセルのピアノ協奏曲のソリストを担当。 インドネシア国立管弦楽 団と現地にてリストのピアノ協奏曲を共演。 ピアニスト青柳晋氏とリスト編曲ベートーヴェンの第九を共演、有森博氏 のシリーズ「ラフマニノフ全曲演奏会」にて連弾曲を共演。
また、 クラシックに限らず多様なアーティス トと共に活動中。 これまでにピアノを金谷峰子、岡田敦子、植田克己、 G.タッキーノ、海老彰子、有森博の各氏に師事。

2014年第23回 ペトロフピアノコンクールピアノ連弾部門 第1位、現在ピアノ連弾ユニット「KIWA」として演奏活動を行っ ている。