Live Schedule
02 10 Wed

Dominique Fillon
Meet Me at The Glee

フランスより来日のピアニスト。様々なジャンルにおける日本のアーティスト達とコラボレーションを楽しんで貰える2days。初日は鳥山雄司(G)、山田タマル(Vo)との共演!

open/start
18:30/19:30
adv/Door
4,000円【ドリンク代別途/70席限定/完全予約制】
※本公演は当初50席でしたが、急遽70席に変更となりました。これに伴い、当日はドリンクのみの提供となります。フロントでチケット代とドリンクチケット(800円)をお支払い頂き、入場頂きます。
artist
Dominique Fillon(Pf)、鳥山雄司(Gt)、山田タマル(Vo)

Meet me at the Glee!
Next February 10th and 11th, 2016, I am very much looking forward to presenting my work in the amazing music venue in Kagurazaka, The Glee.
Performing solo on the piano, along with a bit of vocal accompaniment, I will be playing music from my four jazz albums: “Détours”, “Americas”, “As it comes” and “Born in 68”. I will also present some of my wonderful collaborations with great Japanese artists.
For the past few years, and especially thanks to Mr. Tokuda and Nichion publishing, I have been working in different musical genres in collaboration with Japanese musicians, as a co-composer, arranger, pianist or producer. (R. Sonoda, AUNJ Classic Orchestra,  Y.Toryama, Jusqu’à Grand-père, Joyz, M.Yuasa, R. Aikawa and many more…)
In February, at the Glee, I will be presenting the work I have been doing with Yuji Toryama (composer, producer and guitarist), Momoko Yasa (classical singer working in various operas in Japan), Tamaru (pop singer, writer and composer) and Natsuki Kurai (harmonica player). Each of these four artists is a unique and amazing performer, and I’m very proud to share what we do together.
So if you would like to feel and watch how wonderful our different cultures come together in musical way, please meet me at the Glee, February 10th and 11th, 2016.

2016210日&11日。神楽坂の素晴らしいミュージックホール『The GLEE』にてジャズライブを行うことを心待ちにしています。ライブでは私の4枚のアルバム「Détours」「Americas」「As it comes」「Born in 68」よりDominique Fillonのピアノソロに歌声を添えてお送りします。また、日本の素晴らしいアーティストたちとのコラボレーションもお楽しみ頂けます。私(Dominique Fillon)は数年前より、作曲家、編曲家、ピアニスト、プロデューサーとして様々なジャンルにおける日本のアーティスト達とコラボレーションをし、音楽を作成してまいりました。特に徳田裕彦氏と株式会社日音の皆様にそしてミュージシャンの皆様に心より感謝を申し上げます。(園田涼氏、AUN J CLASSIC ORCHESTRA、鳥山雄司氏、Jusqu’à Grand-pèreJayZ、湯浅ももこ氏、相川理沙氏と多くの皆様へ。)

そして今回のライブは、鳥山雄司、湯浅ももこ、山田タマル、倉井夏樹、ユニークで才能溢れる4人のアーティストをゲストに迎え皆様に音楽をお届け致します。それぞれが持つ個性と文化を融合した舞台をお楽しみください。2016210&11日、TheGleeで皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。

Dominique Fillon

 

DOMINIQUE FILLON (ドミニク・フィヨン)プロフィール

フランスの美メロ・ピアニスト、ドミニク・フィヨンは1968年、サルト県生まれ。
父親が聴くクラシック音楽とお兄さんたちが好むUKポップに影響を受けて、小さい頃から音楽に敏感。11歳の時から、ピアノを独学で勉強し、16歳の時に、ブラジル音楽、そしてジャズにはまる。1987年にパリのアメリカン・スクール・オブ・モダン・ミュージックに入学。
パリの有名な会場「Caf-conc’」でシンガー・ピアニストとして雇われ、当時の注目のミュージシャンとコラボをして、10年続けて様々なアーティストのバックミュージシャンとして活動する。

1994年に、音楽プロデューサーとして活動を開始する。スタジオの細かい作業に夢中になって、たくさんのアーティストのアルバムをプロデュース。当時、無名であったサンセヴェリーノのデビューアルバムから3作品目までプロデュースすることになる。
2000年に入って、オリジナル作曲に集中し、2006年にファストアルバム「Détours」をリリース。このデビュー作品には、豪華なゲストも登場する。Steve Rodby(Pat Metheny groupのベース)やSergio Farias(ブラジルのギタリスト)やJean-Philippe Fanfant(ドラム)などが参加。そして世界各地でツアーを行う(フランス、シンガポール、日本、韓国、ブルネイ、オーストラリア、アルジェリア、カーボベルデ、ドイツ、レユニオン島、モーリシャス島、ノルウェー、モナコetc)

今まで、4枚のオリジナルアルバムを発表。
– 「Détours」(2006年)

-「Americas」(2010年)シカゴでレコーディング(参加ミュージシャン:Steve Rodby、 Nic Cecire、Ulf Wakenius、Olivier Roman Garcia、Youn Sun Nah)

-「As it comes」(2011年)日本のレーベル「アトリエ澤野」の発注(参加ミュージシャン:Francis ArnaudとKevin Reveyrand)。

-「Born in 68」(2014年)(参加ミュージシャン:Sylvain Gontard、Laurent Vernerey、Jean-Marc Robin、Fred Soul)。
2012年、ハービー・ハンコックの依頼で「第一回ユネスコの国際ジャズデー」のコーディネーター&出演者として参加。Nicole Slack JonesやBen Williams、Terri Lyne Carringtonと共演。

また、2006年から2012年まで、フランス最大ワールドミュージックフェスティバル「フランコフォリー」(毎年、7月開催)でスロットを担当し、フランスの海外県・海外領土のアーティストを紹介しつづける。
現在、サントラや芝居、ドキュメンタリーや短編映画のミュージック制作にもかかわって、
様々な場所でチャリティライブも行う。日本では、2012年に福島 の子供達のためビルボード東京で渡辺香津美やcobaらを迎えチャリティライブを行った。
日本との関わりが多いドミニク・フィヨンは2009年から日本での活動も増えている。
各地(東京、京都、名古屋、福岡、札幌、横須賀、横浜、静岡、沖縄、大阪etc)でライブを行い、日本人のアーティスト(渡辺香津美、鳥山雄司、Aun-J classic orchestra、園田涼、湯浅ももこ、タマル、 Jusqu’à Grand-père、coba…)とのコラボも行う。

 

鳥山雄司 Profile

ギタリスト、音楽プロデューサー。

1981年慶応大学在学中にセルフプロデュースによるソロ・デビューアルバムを発表。その後1996年にスタートしたTBS系ドキュメンタリー番組「世界遺産」にテーマ曲「The Song of Life」を提供、大ヒットオムニバスアルバム「image」にも収録され、自身の代表曲となる。他にもフジテレビ系「フジサンケイクラシック」ゴルフ中継テーマ曲「Let me go」をはじめとする数多くの名曲をリリース。現在までにソロアルバムを15枚、また、学生時代からの朋友 神保彰(ds)、和泉宏隆(key)とのユニット「PYRAMID」によるアルバムを4枚発表している。
アレンジャー、プロデューサーとしても松田聖子、吉田拓郎、葉加瀬太郎、CHARA、宮本笑里を始め、クラシック界の宮本文昭、ジャズ界の伊東たけし、タンゴの小松亮太等、幅広いジャンルのアーティストを数多く手掛ける一方で、アニメーション「ストリートファイターII MOVIE」「鋼鉄三国志」、ゲーム「幻想水滸伝V」、映画「神様のパズル」「クヌート」等のサウンドトラックも担当。J-WAVE「DOCOMO BODY AND SOUL」ではナビゲーターも務め、精力的にその活動の幅を広げている。

http://www.toriyamayuji.com

 

タマル Profile

シンガー&ソングライター。

2006年資生堂「マキアージュ」タイアップソング”My Brand New Eden” (‘山田タマル’名義)でメジャーデビュー。

以降、アルバムリリースやLIVE活動と共に、TV・ラジオの番組テーマ曲やコマーシャルの音楽(BS-TBS「徳さんのお遍路さん 四国遍路八十八ケ所 心の旅」/NISSEYコマーシャル曲”星のラブレター”(歌唱)等)、舞台の音楽監修(劇団テトラクロマット「銀河廃線」「花の下にて」)も務める。

ジョンソンヴィルのTVコマーシャル曲(歌唱)、TBSラジオ「片岡鶴太郎 わいわいワイン」番組テーマ曲、月桂冠「糖質ゼロ」コマーシャル曲(書き下ろし)がオンエア中の他、多方面に渡り、楽曲制作・提供、LIVE、イベントの企画・プロデュース、環境保護活動への取り組み(2012年〜フォレストサポーターズとしても活動)、また、女優としてドラマ(NHKドラマ10「聖女」)に出演する等、近年、表現者として活動の場を拡げている。

http://ameblo.jp/tamaru-official/

協賛:

Attachment-120131102-LOGO-01-F