Live Schedule
03 17 Thu

朋郎ライブ『朋郎ノ縁・演・宴結ビ其一』

笛と太鼓で音楽を紡ぐ朋郎があらゆるゲストと演(えん)を交えて縁(えん)を結ぶ音楽の宴。和太鼓奏者/内藤哲郎と篠笛奏者/武田朋子のデュオ。和の響きの中に西洋音楽が混在する雅と優雅さの境地。

open/start
18:30/19:30
adv/Door
前売 3,000円
当日 3,500円
【ご飲食代別途/50席限定/完全予約制】
※《朋郎プレート》完売致しました。
artist
朋郎【内藤哲郎】(和太鼓、他)、武田朋子(篠笛、他)
notes
問合せ 
予約:
□THEGLEE
 Tel 03-5261-3124(受付時間 平日 10:00~18:00)
 web http://theglee.jp/
□Office処ハレ
 Tel 080-4158-0051
 mail tokorohare@tokorohare.com

和太鼓奏者の内藤哲郎(元鼓童)と篠笛奏者の武田朋子が2004年に結成。
日本の祭り音楽にあるお囃子をベースに、西洋音楽を織り交ぜた現代的な楽曲が特徴で、
楽器の音色を多くの人に知ってもらうために、あえて各奏者一人ずつという最もシンプルな
スタイルで活動している。
それぞれの曲に合わせ大小様々な和太鼓と、数種類の篠笛を使い分けることで繊細かつ
ダイナミックなパフォーマンスを展開している。
これまでに3枚のオリジナル・アルバムを発売し、全国42都道府県のライブツアーを展開
している他、昨年はロンドンとポルトガルにおいて初の欧州ツアーを行い、各地で好評を得る。
毎年自主開催で行っている日本各地のツアーは、地域の文化やそこで生きる人々と密接に
交流しながらライブやワークショップを展開し、和太鼓と篠笛がより身近に普及することにより
その土地の地域コミュニティが広くつながっていくことを願うべく、精力的に取り組んでいる。

 

武田朋子

東京都出身。宮韻勢納連(くういんきよなれん)で江戸囃子の太鼓・笛を習得し、悠玄亭玉介社中(ゆうげんてい
たますけしゃちゅう)の江戸獅子舞の太鼓方として活動。
その後、佐渡へ渡り和太鼓芸能集団「鼓童」文化財団研修所にて2年間の研修を修了。
現在、東京を拠点に篠笛・能管奏者として活動している。能楽の太鼓を金春/今春流太鼓方・桜井 均氏に、
能楽を能楽の笛方・一噌󠄀幸弘氏に師事。
和太鼓とのDUO「朋郎」では数々のオリジナル曲を生み出し、これまでに3枚のアルバムを発売し、
全国各地へのライブツアーを行っている他、定期的にJAZZトリオとのセッションライブ「篠笛 de JAZZ」を
開催中。
ゆず、青柳拓次など多数のレコーディングに篠笛で参加、また映画「SHORT PEACE」大友克洋作「火要鎮」では
能管で参加している。
また、自身の江戸祭り囃子社中を」結成し、江戸囃子の普及と後継者育成のための活動にも力を入れるなど、
演奏、作曲、指導と地域を越えて全国各地で幅広く活動中。
自信をゆるがす全てのものからインスパイアされて生まれ出る、独自の音世界を篠笛・能管で
表現していくことを目指している。

 

内藤哲郎

幼少の頃より地域の伝統芸能だった和太鼓に触れ、1990年に和太鼓芸能集団「鼓童」に入団。
在籍中はトッププレイヤーとして国内外でのツアーに参加、演奏のみならず作曲・演出など幅広く活躍。
2002年に独立、東京を拠点に和太鼓奏者として活動を開始する。角松敏生、吉田兄弟、
DJクラッシュ、ソウルフラワーユニオンなど数々のアーティストとのレコーディングやツアーに参加、
その卓越した技術に高い評価を得る。
ソロ和太鼓奏者としての活動の一方で、自身のユニットを結成し各方面で活動している。
和太鼓を中心に篠笛や舞など、各地に伝わる郷土芸能の独特なリズムを間合い巧みに取り入れ
舞台芸術として昇華させることを目的に「どんがら」を結成。作曲、構成、演出のすべてを担っている。
毎年、長野県内で学校公演を行い、和太鼓や日本文化の普及にも広く貢献している。
また、篠笛奏者とのDUO「朋郎」では、これまでに3枚のアルバムを発売、全国ツアーを精力的に
行っている。
幼少の頃から携わってきた和太鼓と平行してドラムも習得し、日本独特の間合いと繊細で巧みな
リズムワークの両方を兼ね備え、確かな技術の裏付けのもとに日本的な表現とは、和太鼓として
あるべき音とは、という問いかけに真摯に向かいつつ和太鼓音楽のさらなる開拓を目指している。

ゲスト・プレイヤー:檜山学(Accordion)
岡山市出身。高校卒業後、イタリア・フランスにて約8年間の留学生活を送る。G.Fassetta、F.Deschamps、B.Perreyに師事。
全イタリア・アコーディオンコンクール優勝など、数々のコンクールで受賞。
2003年から東京を拠点とし、様々なライブパフォーマンスを展開する他、レコーディング、アーティストのサポート、ダンサーとのコラボレーション、舞台音楽への参加。
また、イタリア、チリ、ロシア、スイス、など国外での演奏活動も行っている。
CDは、サックスとのデュオ「Orso bruno」から2枚、ヨーデル歌手とのデュオ・アルバム「Kotoba-asobi」、自身のリーダー・アルバム「Debut」をリリースしている。

檜山学(アコーディオン)写真