Live Schedule
04 23 Sat

《公演&アフターパーティー》石上朋美&笈沼甲子
歌うだけ・・・ ~la mia canzone favorita

終演後に出演者を囲んで、美味しい食事とワイン付きの楽しいパーティも開催します。ぜひご参加下さい!

open/start
17:30/18:00
adv/Door
B: 公演&アフターパーティー 6,000円(終演後ビュッフェ、1ドリンク込み、ワイン飲み放題)
※ Bチケットのみ、締め切りを4/20までとさせて頂きます。
※ 70席限定、公演中はドリンクのみの提供となります。
artist
石上朋美(ソプラノ)、笈沼甲子(Pf)

※本ページからのご予約は『公演&アフターパーティー 6000円(終演後ビュッフェ、1ドリンク込み、ワイン飲み放題)』となります。
公演のみ 4000円(1ドリンク込)のご予約はこちらから

石上朋美(ソプラノ)プロフィール

東京藝術大学音楽学部声楽科を首席にて卒業、同大学大学院修士課程オペラ科修了。第10回松田トシ賞受賞。2004年、第40回日伊声楽コンコルソ第2位、同時に歌曲賞受賞、イタリアにて第10回オペラ国際コンコルソ第2位受賞など国内外で多数受賞。オペラ国際コンコルソの副賞としてマンチネッリ歌劇場におけるイタリアデビュー獲得、2007年『フィガロの結婚』伯爵夫人役にてデビュー。その後イタリア国内数々の歌劇場に多数出演し、『ラ・ボエーム』ミミ役、『修道女アンジェリカ』『蝶々夫人』『トスカ』タイトルロール、『イル・トロヴァトーレ』レオノーラ役など数々の役を演じている。中でも『蝶々夫人』には3年間で20公演ほどに出演。2008年より文化庁海外派遣研修員、野村文化財団芸術文化奨学生としてイタリア(ジェノヴァ、トリノ)へ留学。2012年からは日本での活躍も目覚ましく、モーツァルト劇場公演「イドメネオ」エレットラ役で出演、2013年には世界的演出家P.コンヴィチュニーによる二期会オペラ公演「マクベス」マクベス夫人役にて二期会デビュー、磨き抜かれたベルカントで聴衆を魅了した。2014年1月には新国立劇場『蝶々夫人』の初日公演に急遽代役で出演し高い評価を得、その夏の“高校生のための鑑賞教室”でも好演。国立音楽大学非常勤講師。二期会会員。

 

笈沼甲子(ピアノ) プロフィール
宮城県仙台市出身。
尚絅音楽教室、桐朋学園付属音楽教室を経て、
桐朋学園女子高等学校及び桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。
その後、東邦音楽総合芸術研究所に於いて伴奏法を学ぶ。
ピアノを芳賀みどり、斎藤久子、兼松雅子、
伴奏法を白石隆生、ライナー・ホフマンの各氏に師事。
ドイツ歌曲を佐々木成子、日本歌曲を伊藤京子各氏の元で研鑽を積む。
第5回東京声楽コンクールにて最優秀伴奏者賞を受賞。
伴奏者、ソリストとしてコンサート、コンクール、録音等多岐に
渡って演奏活動を行い、過去6回行われたソロリサイタルはいず
れも好評を博した。
また「若い演奏家の為のプロジェクト」を立ち上げ、コンサート
及び学校での音楽鑑賞教室等のプロデュースを行っている。
二期会愛好家クラス、二期会仏歌曲研究会、コーロステラピアニスト。日本演奏連盟会員。
□演奏予定曲

山田耕筰・鐘が鳴ります、あわて床屋
平井康三郎・うぬぼれ鏡
チマーラ・春の歌
ヘンデル・オンブラ・マイ・フ
プッチーニ・ある晴れた日に
その他