Live Schedule
04 29 Fri

花れん 10th anniversary vol.1
〜リンデンの香りをくぐって〜

1stシングル「古の風」リリースから10周年を迎えるシンガーソングライター花れんの記念ライブ第1弾。
遠い記憶を呼び起こすような彼女の深い歌声に、懐かしさや優しさを憶えるだろう。

open/start
18:30/19:30
adv/Door
前売 3,500円
当日 4,000円【ドリンク代別/70席限定】
※当日のドリンク代は、スナック付きの1,000円になります。
artist
花れん(Vo)、扇谷研人(Pf)、大石昌良(Vo, Gt)

花れん(かれん)プロフィール

http://karen-flower.com
Vocal、Ukulele、作詞、作曲、コーラスアレンジ
愛媛県宇和島市出身。 早稲田大学在学中よりシンガーとして活動開始。
Jazz, Pops, 童謡, ケルト音楽など、様々なジャンルの歌 を、花れんstyleにして歌って しまう彼女の声は、 年齢を問わず多くの人に好まれるだろう。 清涼 感溢れ、時に圧倒的で、そして温かい。 2003年、ル・クプルのギター藤田隆二との2人ユニット「ブルーハンモ ッ ク」を結成し楽曲を制作。作詞・vocalを務めた後、シンガーソング ライター花れんとして活動開始。 日本語の美しい響きを大切にした 詩と世界観を創る。 作詞家・作曲家としての楽曲提供、コーラスサポ ート、コーラスアレンジ、舞台音楽 制作・出演、CMソング歌唱、CM 出演、TV出演、ラジオ番組パーソナリティー、ナ レーション、イベ ントMCなど、活動は多岐に渡る。
近年は人権啓蒙活動にも力を入れ、 各地の人権イベ ントにて講演と演奏を依頼され行っている。 2014年10月11日、1st Album「Light Butterfly」リリース。
2015はアニメ「進撃の巨人」の主題歌を手がけるLinked HorizonのRevo氏が主宰するSound Horizonの9th story Album「Nein」そして9th Story Concertに歌姫の一人として参加。NHKホール、大阪オリックス劇場、東京国際フォーラムでの公演に出演した。Blu-ray&DVD映像もリリースされたばかり。

「9th Story Concert『Nein』~西洋骨董屋根裏堂へようこそ~ Blu-ray&DVD」ダイジェスト

また、2015年は故郷愛媛県宇和島市が、伊達400年という記念の年を迎え、宇和島出身のアーティスト7名(花れん、大石昌良、中川奈美、工藤圭一、萩森花菜、遠藤百合、ゲスト:土居裕子)が歌う「おかえり」(作詞作曲:花れん)が収録されCD & DVDとなった。昨年12月には、収録メンバー全員と宇和島市民が一体となる「おかえりコンサート」も実現した。

「おかえり」Music Video Short version

 

扇谷研人(おおぎやけんと)
ピアニスト・作編曲家

札幌市出身。
熊木杏里、坂本真綾、西野カナなど様々なアーティストのコンサートやレコーディングに携わる。
また舞台やミュージカルも手がけ、劇団KAKUTAの「桃色の夜」舞台音楽プロデュースや、
元宝塚歌劇団のスター蘭寿とむと世界的スーパーダンサー達とのダンスミュージカル「イフアイ」の音楽監督、
宮本亜門演出の「ヴェローナの二紳士」のピアノ&コンダクターなど参加多数。
一方で自らもソロアーティストとして活動し、5月にリリースしたばかりの2nd album ”Piano Songbook”が大変好評を得ている。
2003~2007年まで日本を代表するサルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスに在籍、国内外で活躍した。
現在カシオペアのギタリスト野呂一生のソロユニット ISSEI NORO INSPIRITSのメンバーとしても活動中。
またシンガーソングライター花れんとの活動は学校や人権を扱った文化イベント等にまで及ぶ。

 

大石昌良(オーイシマサヨシ)

愛媛県宇和島市出身 1980年1月5日生まれ A型

2001年に「Sound Schedule」のVo.Gtとしてメジャーデビューして以来、音楽家として数々の作品を残す。その突き抜けた透明感のある声と、心の琴線に触れる言葉や卓越したメロディセンスが評価を受け、当時新人バンドとしては異例のミュージックステーションなどのTV音楽番組出演、そして全国のフェスに参加。

2008年には「大石昌良」としてソロデビュー。その唯一無二の卓越したアコースティックギターの弾き語りスタイルは圧巻。まるで手品のような手さばきに「右手の魔術師」や「ひとり遊園地」など、人によって形容は様々。全国のライブフロアのみならず、YOUTUBEやニコニコ動画などのインターネットソースでも話題を呼び、若い世代からも大きな反響がある。またアニメソングシンガー「オーイシマサヨシ」としての評価も高く、「ダイヤのA」や「月刊少女野崎くん」や「オーバーロード」など、オープニング主題歌を担当した人気アニメも多数。現在、アニメの主題歌の他にもアーティストへの楽曲提供などの制作依頼も多数来ており、音楽クリエーターとしても注目されつつある。

★大石昌良(オーイシマサヨシ) twitter

https://twitter.com/Masayoshi_Oishi

  • Sound Schedule オフィシャルサイト

http://www.soundschedule.net

  • OxT(オーイシマサヨシ×Tom-H@ck) オフィシャルサイト

http://www.oxt-music.com