Live Schedule
07 08 Fri

”ファー・クライ”ライブ

ルネサンス&初期バロック音楽をテーマにリコーダーとピアノによるインプロヴィゼーション!!

open/start
18:30/19:30
adv/Door
前売4,000円 / 当日4,500円【70席限定 / 完全予約制】
※ご入場時に、1Drink代として、+800円頂戴致します。
artist
濱田芳通(リコーダー)、黒田京子(ピアノ)

◇プロフィール

濱田芳通(リコーダー)
我が国初の私立音楽大学、東洋音楽大学(現東京音楽大学)の創立者を曾々父に持ち、音楽一家の四代目として東京に生まれる。
桐朋学園大学古楽器科卒業後、スイス政府給費留学生としてバーゼル・スコラ・カントールムに留学。
リコーダーを花岡和生、コルネットをB.ディッキー、中世理論及びアンサンプルをC.ヤング、D.ヴェラールの各氏に師事。
コンチェルト・パラティーノ、アンサンブル≪PAN≫、アンサンブル≪ラ・フェニーチェ≫のコンサート及び録音に参加するなど、ヨーロッパ各地で活躍する。
古楽アンサンブル<アントネッロ>主宰。近年ではバロック・オペラを手掛け、現在までにC.モンテヴェルディ「オルフェオ」「ウリッセの帰還」「ポッペアの戴冠」、
F・カヴァッリ「ラ・カリスト」、そして本年1月にはG.カッチーニ作曲「エウリディーチェ」(本邦初演)を指揮し、いずれも各方面で絶賛された。
【アントネッロ】 http://www.anthonello.com/

黒田京子(ピアノ)
’80年代後半、自ら主宰した「オルト」では、池田篤(as)、村田陽一(tb)、大友良英(g,etc)等、ジャズだけでなく、演劇やエレクトロニクスの音楽家たちと脱ジャンル的な場作りを行う。
’90年以降、坂田明(as)などのバンドメンバーや、演劇や朗読、無声映画の音楽などを長期に渡って務める。
’04年から6年間余り、太田惠資(vn)と翠川敬基(vc)のピアノ・トリオで活動。’10年から喜多直毅(vn)と言葉と音楽の実験劇場「軋む音」を不定期に展開。
近年は即興演奏を主体とした演奏活動を行っている。’06年にはオルト・ミュージックを立ち上げ、コンサートの企画も手掛ける。
’13年、ピアノソロのCD『沈黙の声』、’14年、喜多直毅とのデュオCD『愛の讃歌』を発表。
http://www.ortopera.com/