Schedule
05 09 Mon

MEET THEGLEE MUSIC〜 津軽三味線 本田浩平〜

クラシックやアコースティックサウンドにこだわった音響空間を持つライブホールTHEGLEEが企画する配信番組“MEET THEGLEE MUSIC”毎月第2・4月曜日に開催。
東京藝術大学出身の新進気鋭のアーティストを中心にクラシック及びクロスオーバーのLIVE配信番組。

open/start
18:30/19:00
adv/Door
会場:ミュージック・チャージ料金
  ¥3,000+1ドリンク(¥800)
※チケットぴあより販売。記上プレイガイドよりご購入下さい。
※税込価格となっております
※座席60席(自由席)
・Pコード:216732
・興行コード:2213244

配信:¥2,000(税込)+システム手数料(¥220)

下記URLよりご購入下さい。
artist
本田浩平(津軽三味線)、小笠原育美(ナビゲーター)、

配信視聴チケット購入URL:https://eplus.jp/sf/detail/3616620001-P0030001



MEET THEGLEE MUSICは配信+有観客のハイブリッドLIVE公演で、NHK教育番組のピアニストとして知られている小笠原育美をナビゲーターにクラシック系、アコースティック系及びクロスオーバー系や出演者を身近に親しんでもらえる番組進行にしていく内容となります。


本田浩平(津軽三味線)

熊本県熊本市出身。鹿児島県鹿児島市在住。
14 歳で津軽三味線を始め、15 歳の時に福居流津軽三味線の福居慶大氏に師事。高校卒業後上京し東京を拠点に活動。2007年より浅草の「民謡の店 追分」(現 和ノ家追分)に在籍し約13 年間レギュラー演奏者 として数多くの舞台経験を積む。2020年より鹿児島県に拠点を移し、現在は熊本、鹿児島、東京を始め 全国に津軽三味線の演奏を発信する。 古典的な津軽三味線の独奏、民謡の伴奏だけではなく、和太鼓、尺八、奄美島唄、フラメンコ等ジャンル を問わずコラボレーションを行う他、ゲーム音楽への参加など幅広い分野に活動の場を広げている。 津軽三味線・民謡・民舞を中心としたユニット「ふくろう」や、Piano・Percussion・ Bass など洋楽器とのバンド活動「Kohei Band Project(KBP)」など精力的に活動中。

[主な活動・受賞歴]
第 21 回津軽三味線コンクール全国大会 優勝 第 54 回熊本県文化懇話会新人賞

吉幾三芸能生活 35 周年パーティー出演
豪華客船「ぱしふぃっく びいなす」オーストラリア・ニュージーランドサザンクロスクルーズ参加
PS Vita 専用ソフト「俺の屍を越えてゆけ2」主題歌、ゲーム音楽参加 スマートフォン専用アプリゲーム「NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットブレイジング」海外向け PV 音楽参加
2018 年 和楽主催カナダツアー公演参加 (バンクーバーにて Sakura Days Japan Fair 出演。スティーブス トン、ソルトスプリング島にて単独公演)
2019 年 アフリカのスーダンにて第 6 回アジア文化フェスティバル出演
2020 年 鹿児島市の世界文化遺産「仙厳園」にて行われた焼酎ナイトガーデンにてオープニングアトラクション出演

[リリース]
2015 年 がむしゃら自主制作 CD「がむしゃら ふぁーすとあるばむ」 2018 年 ソロミニアルバム「天邪鬼 AMANOJACK」


小笠原育美 (ナビゲーター)

 

NHK『おかあさんといっしょ』『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』『安全パトロール』『ピコピコポン』『かずであそぼう』他教育番組出演、NHKニューステーマ曲、TBS『はなまるマーケット』BS日テレ『大海球紀行』日テレ系『news every.』等、TV番組やCM曲を手がけている。オリジナルアルバム『Windy』『小笠原〜Tropical Paradise』『12’s Breeze』『Message』に続き、海外へ向けてのピアノソロアルバム『Tears of Joy』が、ハイレゾサイトDSDでダウンロード数1位を記録する。2021年秋、コロナ禍で感じたことをアルバム『森の記憶』に込めてリリース。

作編曲活動の他、ピアニスト・キーボード奏者としてのコンサート、親子向けのファミリーコンサート、講演等全国各地で行っている。配信番組『小笠原育美のThanks thanks』、地域ガイド『タウンなび』のナビゲーター。全音出版より「ゼロからのピアノチャレンジ!初めてのファミリー連弾曲集『ふぁみれん』(全3巻)出版。

ホームページ: http://http//ikumiogasawara.com